あぁウザっ!同居で嫁がストレスを抱える「姑の性格」3つ

by 並木まき |

人間関係, , ,

20160118maki001これまで関係が良好だったお姑さんと、同居や二世帯住宅で一緒に暮らし始めたことをキッカケとして不穏な空気が漂い始めるパターンは珍しくないそうです。

離れて暮らしていた時と違って、生活のすべてが丸見えになることから、それだけでストレスを抱くお嫁さんも少なくありません。

我慢しているといずれ限界に達し、爆発して決裂してしまう事態にも……!

では、どんなことがキッカケとなって嫁&姑の仲がビミョーになると思いますか? 今回は、一緒に生活すると“嫁がストレスを抱きやすいお姑さんのタイプ”を、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が3つご紹介しましょう。

夫の母親が当てはまる場合には、同居を慎重に考えたほうが賢明かもしれません。

 

■1:おせっかい

息子夫婦のことが気になって仕方がないタイプや、関わることで愛情を示そうとするタイプのお姑さんと同居すると、過剰に干渉されること自体がストレスになるお嫁さんも。

留守中に勝手にゴミを捨てたり、夕食時には自分が作ったお惣菜を毎日届けたり……。ひとつひとつは些細なことでも、同居は“毎日の生活”なので負担になる嫁は少なくないそう。

姑に悪気がないだけに文句を言いにくいことも、イライラが募るようです。

 

■2:思い込みが激しい

ちょっとした生活のシーンで、ひとつひとつの行動を勝手に分析されたり決めつけられたりすれば、ストレスが溜まる人は少なくないですよね。

たとえば、たまたま洗濯物が山のように溜まっているところを見られ、「ウチの嫁はズボラだから」、たった1日帰宅が遅くなっただけなのに「あなたって夜遊びするから」などなど……!

たった1つのシーンで性格を決めつけてかかる姑に、イライラとストレスが募っちゃう嫁って不幸としか言いようがなくかわいそうですよね。

 

■3:無趣味で友人が少ない

年齢を重ねると、自分の時間が余ってしまうものなのかもしれません。

趣味もなく友人も少なくなってしまっている姑にとって、身近な話し相手は嫁だけというパターンも。こうなってくると、暇にまかせて嫁にちょっかいを出してくるので、過干渉に陥る姑は少なくないそうです。

ですが、仕事に家事に子育てに……と忙しい現代のお嫁さんにとって、時間が有り余っている姑との生活はストレスフルになることも多いよう。

 

いかがですか?

離れて暮らしている時にはさほど気にならなかった部分も、生活をともにすればうっとうしくなったりストレスを感じたりするのは仕方のないこと。

同居生活を上手に送っている家庭は、やはり互いを干渉しないケースが多いのだとか!

もしも夫の母親に心当たりがある場合には、よ~く考えてから同居生活に踏み切ることをオススメします。

(ライター 並木まき)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ オバ顔の原因はコレ!「9割の女性が悩む」肌トラブルを改善する驚異の成分とは

※ まがいもの…に要注意!乾燥ケアの新常識「美容オイル」の正しい選び方

※ 「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

 

【関連記事】

※ アァ悲劇!一瞬で「下品な女性」認定されるヤバい振る舞い3つ

※ も~ウザっ!どんどん不仲になる「嫁姑関係」に共通する特徴3つ

※ 空気サイアク!姑が嫁から貰った「正直使えない」プレゼント3選

 

【姉妹サイト】

※ アレ…「夫婦仲の悪化」の兆候?早めに察知したいNGサイン3つ

※ え…40度以上のお湯はNG!? 冷え症を悪化させる間違い入浴法とは