【ミス日本式】げっ…かえって太る!? 歴代ミス日本はやらないNGダイエット法3つ

by 中田綾美 |

美容, , ,

本日、ミス日本グランプリの発表がありますね。

毎年、才色兼備の女性を輩出しているミス日本ですが、やはり抜群のプロポーションが目を引きます。あんなうらやましい健康美を維持するには、何か秘訣があるのでしょうか?

さぞ厳しい食事制限をしているのかと思いきや……実は過酷なダイエットは逆効果になることもあるそうなのです!

今回は、“ミス日本式ダイエット”を考案した和田研究所のダイエットトレーナー・和田あいさんを取材した『WooRis』の過去記事を参考に、“歴代ミス日本は絶対にやらないNGダイエット方法”3つをお届けしたいと思います。

 

■NG1:むやみに食べる量を減らす

“ダイエット=食事を抜く”というイメージがありますが、むやみに食べる量を減らしては、かえって太ってしまうおそれがあるとのこと。

偏った食事が原因で必要な各栄養素が十分に摂れていないと、空腹でなくても食欲がすぐにわいてしまうのだそうです。また、“食べられない”ことによるイライラやストレスで、拒食や過食を繰り返すことも……。

そこで、ミス日本式ダイエットでは、量よりもバランスを重視しており、“毎食9品目をお腹いっぱい食べる”という方法を提案しています(「【ミス日本式】“お腹いっぱい食べて痩せる!”9品目ダイエットとは」)。

9品目というのは、“肉・魚・貝・海藻・豆類・卵類・乳製品・野菜・油脂”の9つ。特に、野菜を食事の半分に取り入れるようにしましょう。

 

■NG2:ダイエット食品に頼る

ダイエット中、“こんにゃくゼリー”や“ゼロカロリー飲料”で空腹を満たそうとする方は多いことでしょう。

しかし、いわゆる“ダイエット食品”ではエネルギーや栄養の不足を解消できず、ますます食欲を高めてしまうこともあるようです(「【ミス日本式】ダイエットの天敵!? ミス日本は口にしない意外なNG食品4種」)。

また、ダイエット食品に含まれる人工甘味料を摂ると、かえって太りやすくなるおそれもあるのだとか……。

「とにかく摂取カロリーを抑えればいいんでしょ!」とダイエット食品に頼るのではなく、前項でもお伝えしたとおり、バランスのよい食事を心がけましょう。

 

■NG3:食事を楽しまない

ダイエットといえば、「食べたいものを食べられなくて味気ない、わびしい」というイメージを抱いていませんか?

そんなふうに“辛いダイエット”だから、挫折してしまうのかもしれません。ダイエット中こそ、食事を楽しみましょう!

たとえば、ミス日本式ダイエットでは、“目から満腹中枢に信号を送る”ことを重視しており、食事をきれいに盛り付けることを推奨しています(「【ミス日本式】たったそれだけで!? 歴代ミス日本も実践する“食べても太らない”裏テク3つ」)。

スーパーやコンビニのお惣菜をプラスチックの容器から食べるのでは、目で食事を楽しむことができず、満腹感を得にくいのだそうです。

また、「いただきます」「ごちそうさま」は必ず声に出しましょう。一見マナーの問題でダイエットと無関係のようにも思えますが、「いただきます」「ごちそうさま」を口にすることで食事モードのオン・オフの切り替えができ、食べ過ぎや間食を防止する効果が期待できるようですよ。

 

以上、“歴代ミス日本は絶対にやらないNGダイエット方法”3つをお届けしましたがいかがでしたか? まちがったダイエット方法にまどわされないようにして、今度こそスリム美人を目指しましょう!

(ライター 中田綾美)

 

【関連記事】

※ タバコ級にヤバい!毎日飲むと「4.6歳も細胞が老化」する飲み物とは

間違ってた…運動より断然コレ!ダイエットで絶対しちゃダメなNG行動3つ

ちゃんと食べなきゃヤバい…!「炭水化物抜きダイエット」がNGな理由4つ

 

【SPONSORED注目記事】

なぜ痩せない?30代から「基礎代謝ダダ下がり」になる怖~い理由

まがいもの…に要注意!美魔女のための「美容オイル」の選び方

セルライトを放置しないで!おデブ体質から抜け出す方法はコレ

 

【姉妹サイト】

※ 二度寝した朝でも!1分でこなれ感「ヘアアレンジ超時短」ワザ

※ 「みかんorバナナ?」 朝食べるとみるみる汚肌シミ子になる食材とは

 

【取材協力】

※ 和田あい・・・ミス日本式ダイエットトレーナー。日本の美容研究の祖と讃えられた和田静郎の孫娘であり、和田静郎が提唱したミス日本式ダイエット(和田式フィギュアリング)のトレーナーとして、一般女性やミス日本を目指す候補生の指導にあたる。自らもミス日本式の体現者として整った体つきはもちろん、肌の色艶がとても自慢。また、ミス日本コンテスト事務局のマネージャーであり、ミス日本への様々な指導も行う。