喧嘩を止めないで!逆に「暴力的な子ども」に育ってしまうNG子育て3つ

by 大宮 つる |

子育て, , ,

行動が活発になり始める3〜4歳の男の子。この頃から、きょうだいや友達、ママを叩いたり、暴言を吐いたりなどの行動が目立ち、手を焼いている親御さんもいらっしゃるかもしれませんね。

その際、親の行動次第では、息子の乱暴な行動をますます悪化させてしまうなんてことも……。

そこで今回は、心理カウンセラーの金盛浦子さんの著書『いざと言うときに役立つ子育てQ&A95』や『WooRis』の過去記事を参考に、加減がわからず乱暴な男の子をますます悪化させてしまう“幼少期のNG子育て”を3つご紹介します。

 

■NG1:きょうだいや友達と“ぶつかり合い・ケンカ”をさせない

きょうだいや友達とおもちゃの取り合い。「貸してよ!」「イヤだ!」のひと悶着があった挙句、子ども同士の叩き合いが始まった……。幼少期にありがちなケースですよね。

こういうケースに遭遇した場合、「ケンカはやめなさい」とすぐに仲裁に入っていませんか? 実は、子どものケンカをすぐに止めさせたり、ケンカそのものをさせたりしないようにしていると、“力加減や節度、限度”というものを学べなくなってしまうとのこと。

危険が伴うとき、子どもだけで解決できないとき以外は、できるだけ見守るようにしましょう。

 

■NG2:父親が子どもと“プロレスごっこ”“相撲ごっこ”をしていない

息子が「お父さん、プロレスごっこしよう」と言ってきたときに、「疲れているからイヤだよ」「乱暴なことは嫌いだよ」などと、子どもとのコミュニケーションを避けているといったことはないでしょうか。

これもまた、NG1と同様に、力加減や節度、限度を学ぶ機会をなくしてしまうことに……。

また、男の子は4歳前後になると、男性ホルモンの一種“テストステロン”の量が急上昇すると言われています。活発になるこの時期に、エネルギーの発散不足は子どもの成長に良くありません。親子のプロレスごっこなどを通じて、エネルギーを上手に発散させてあげるようにしたいですね。

 

■NG3:子どもが乱暴なことをしたときに、理由も聞かず叱る

「ママ~、お兄ちゃん(弟)が叩いた!」と娘が言ってきた際に、「男の子なんだから、暴力振るうのはやめなさい!」など、理由も聞かずに言うのもNG。

叩いてしまった理由が必ずあるはずです。「男の子なんだから」「お兄ちゃんなんだから」と言って理由も聞かずに我慢させ続けると、陰にまわって攻撃性を発揮することもあるそうです。

子どもの頃は言葉が追い付かず、手のほうが先に出てしまうことが少なからずあります。“言葉で説明させるスキル”を少しずつ身につけさせるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

子ども同士の遊びや、親とのコミュニケーションの中で“限度”を学んでいくもの。親としては、積極的にこういう機会をもつようにしていきたいですね。ご参考にしてみてください。

(ライター 大宮つる)

 

【関連記事】

※ 1歳で使用率が7割超え!知っておくべき「スマホが子どもに与える悪影響」

「長男・長女」に絶対にしてはいけないパパ・ママのNG行動3つ

過干渉が子どもの人生をダメにする「毒親」特有のNGフレーズ3つ

 

【SPONSORED注目記事】

※ ガマンなしでメリハリボディに!? 忙しい人でも続けられる新ダイエットとは

たった5分でツヤ髪に!? 日本初上陸の話題のセルフヘアカラーを試してみた

※ もう失敗しない!忙しいママでも簡単な「置き換え酵素ダイエット」が話題

 

【姉妹サイト】

※ 今日も22時超え…!「なかなか寝ない子」に働きママがすべき対策3つ

※ え…そんだけでグッスリ!? 鼻づまりを一発で解消するカンタン裏技

 

【参考】

見守ってていいの?「子ども同士のケンカ」への親の関わり方の正解とは – WooRis

知らないと怖い!「暴力をふるう少年」に育ってしまう母親のNG行動3つ – WooRis

※ 反抗期を迎えた子どもに「親が絶対やってはいけない」NG言動3つ – WooRis

金盛浦子(2005)『いざと言うときに役立つ子育てQ&A95』(黎明書房)