ため息「ハァ…」で心臓病リスクが2倍!厚労省もすすめるストレス解消法6つ

by 坂本正敬 |

健康・病気, , ,

今の世の中は、普通に生きているだけでも本当にストレスがたくさんありますよね?

「腹立つ~」「ちくしょ~」「イライラする~」など思わず言っているかもしれませんが、そうしたストレスいっぱいの言葉ばかりを口にしている人は要注意です! なんと、心臓病で死ぬリスクが高くなるかも……。

そこで今回は、フランス国立衛生医学研究所などの研究チームの調査を基に、ストレスと心臓病リスクの深い関係についてお伝えします。

 

■ストレスで心臓病リスクが2倍に

強いストレスを抱えた際に、無意識で思わずカッとなって口汚く誰かを罵っていませんか? 自分では、我を忘れているので気づかないかもしれません。

しかし、イライラを感じてため息をついたり、「ああ、もうー!」などとイラ立った言葉ばかり口にしたり、普段からストレスを強く自覚している人ほど、心臓病になるリスクが高くなることが明らかになったのです。

フランス国立衛生医学研究所などの研究チームは、平均年齢49.5歳の被験者7,268人のストレス度合いや、喫煙習慣、アルコールを飲む量、食事、運動の習慣などを18年にわたって調べました。

その調査期間に心臓病にかかった352人を調べてみると、ストレス度合いのチェックで「ストレスが大きいor極めて大きい」と答えた被験者ほど、そうでない人と比べて2.12倍も該当者が多かったとか。

『WooRis』の過去記事「あなたは当てはまる?脳や心臓に異常をきたしやすい“A型人間”チェックリスト」で、イライラしやすい性格の人は心臓病になりやすいと語りましたが、イライラやストレスは心臓病と深く関係しているのですね。

 

■ストレス解消には音楽もいい

では、ストレスを解消するにはどうすればいいのでしょうか?

厚生労働省によれば、以下の言動がストレス解消に役立つそうです。

・体を動かす

・イライラを紙に書いてみる

・腹式呼吸を繰り返す

・音楽を聞いたり歌ったりする

・とりあえず笑ってみる

・自分の優れた部分に目を向けてみる

自分だけでなく夫のストレスが心配な場合は、一緒に体を動かしてみる、カラオケに出掛ける、好きなミュージシャンやお笑い芸人のライブに出掛けてみるなど、いろいろ手はありますよね? ぜひとも試してみてください。

 

以上、「むかつく」「イライラする」などストレスから思わず口に出るネガティブな言葉が多い人は心臓病に要注意、という話をしましたが、いかがでしたか? 思い当たる人は要注意ですよ。

(ライター 坂本正敬)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

我が子の成長を実感…!「いつでも子どもを見守りたい」ママの強~い味方とは

キレイなママさんはみんな使ってる! 美容家も唸る「自然派化粧品」が凄い

※ ママ友から視線が痛い…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【関連記事】

※ タバコ級にヤバい!毎日飲むと「4.6歳も細胞が老化」する飲み物とは

肺がんや心臓病の恐れも…絶対に放置しちゃダメな「爪の変化」3つ

タバコと同じ発がん物質が増加!ジャガイモは冷蔵庫に入れてはいけない理由

 

【姉妹サイト】

※ うっ…朝から大後悔!「二日酔いになりやすい人」に共通する特徴

※ 歩くついでにできる!医師おすすめ「費用0円」インフルエンザ予防法

 

【参考】

Stress: it should never be ignored! – Inserm

こころと体のセルフケア : こころもメンテしよう ~若者を支えるメンタルヘルスサイト~ – 厚生労働省