身内でも比較しないで!子どものやる気を一気になくす悪魔のフレーズ2つ

by 吉田和充 |

子育て, , ,

日々の子育て。楽しんでいながらも、やっぱり苦労しているママさんは多いのではないでしょうか。

そんなママさんは、普段からよーく実感されていると思いますが、子育てに“正解”はないですよね。だからこそ楽しかったり、難しかったりするかと思います。同じ家庭の子どもでも、兄弟によって性格が大きく違うことも普通にありますよね。

とはいえ、親が子どもにこれだけは言ってはいけないというセリフがあるというのです。普段の生活で何気なく口走っていませんか?

今回は、『WooRis』の過去記事「無気力な子どもに育つ“親が絶対言ってはいけいない”NGフレーズ」や、海外の情報サイト『Care.com』などの記事を参考に、やる気を失ってしまう“子どもに言ってはいけないフレーズ”を2つご紹介します。

 

■NG1:お兄ちゃん(お姉ちゃん)はできたのに

例えば、弟や妹に対して思わず、こんなセリフが口を突いて出てしまうことはありませんか。

兄弟であっても、子どもは全く違った個性の持ち主です。つい親は、兄弟だと比べてしまいがちですよね。「お兄ちゃんはできたのに」、または逆に「弟はそんなことしないのに!」なんてセリフも同じですね。

決して、子どもを他の子どもと比べないでください。それぞれ違った個性を持っています。長所も欠点も違います。よく、「〇〇ちゃんはできるのに〜」というのはNG、ということは言われていますよね。

幼稚園や保育園のお友達と比べることはNG。これは分かっていても、つい兄弟だと比べてしまう、ということがないでしょうか?

子どもは、結構傷ついたり、コンプレックスを抱いてしまったりすることもあるのです。親が思う以上に、子どもに与えるダメージは大きいので気を付けましょう。

 

■NG2:許さないから!

子どもが何か悪さをした時、ついついカーッとなって、こんなことを言ってしまうことはありませんか?

二度と同じ過ちをさせないために、あえて強く言ったり、恐く言ったりするママさんもいるかもしれませんね。

ただ、こうした脅しにも似た言葉は、あまり子どもには効果的ではありません。単純に、言われた言葉を表面だけ受け取ってしまったり、ただただ、ママを恐れるようになってしまったり。

それよりも、「今のは良くないよ。ママは悲しい」「次からはどうしたら、同じ失敗をしないようにしたら良いかな?」などと、あくまでも前向きに対処するようにしましょう。

ただ、怖がらせて脅かして終わり、ということのないように。子どもには何の効果ももたらしません。子どもが悪いことをした瞬間に反応するのではなく、一呼吸置いてから反応すると良いでしょう。

 

以上、“子どもにこれだけは言ってはいけないこと2つ”でしたがいかがだったでしょうか。もちろん、子育てにはマニュアルはないのですが、こうしたセリフだけは避けたほうが、子どもの育ちにとっては良いでしょう。

ママさんも試行錯誤が多いと思いますが、何も完璧な親である必要はありません。子どものことを想う気持ちさえあれば、自然と子どもにも伝わるはずです。

普段、何と言っているかちょっと振り返ってみましょう。

(ライター 吉田和充)

 

【関連記事】

※ 1歳で使用率が7割超え!知っておくべき「スマホが子どもに与える悪影響」

※ 心が不安定な子どもを育ててしまう「異性きょうだい」のママのNG言動3つ

※ 子育てに「もう限界…助けて!」となる前に、知っておきたい救いの手3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 健康生活の強い味方!驚くほどの栄養たっぷりミドリムシ

※ これでもう汗に悩まない!? 脇汗が驚くほど止まる「毎朝5秒の習慣」とは

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

 

【姉妹サイト】

※ 今日も22時超え…!「なかなか寝ない子」に働きママがすべき対策3つ

※ 英国大学の実験で判明!和食の「だし」には食欲を抑える効果あり

 

【参考】

※ 19 Things You Should Never Say to Kids – Care.com