タバコ級にヤバい!「すい臓がん」リスクをおし上げる避けるべき食品

by 坂本正敬 |

健康・病気, , ,

日本人女性にとって、最も“死亡リスク”が高いがんは何だと思いますか? 国立がん研究センターの2015年の予測によれば、大腸がん、肺がん、胃がん、そして膵臓(すいぞう)がんの順番で、多くの女性が亡くなると考えられています。

なかでも膵臓がんは、大腸がんや肺がん、胃がんなど“メジャーながん”と比べて研究が限られており、リスクとなる確実な要因が分かっていないとか。

それでも米国がん学会の調べによれば、“乱れた食生活”が膵臓がんのリスクをなんと15%も高めるということが分かったそうです。

そこで今回は、同学会の情報を参考に、膵臓がんリスクを下げるために食生活で注意したいポイントについてご紹介します。

 

■膵臓がんの原因は食生活!?

皆さんは普段から、どのような食生活を送っていますか? 米国がん研究学会が、50万人以上の被験者(うち2,383人が調査中に膵臓がんに)の食生活と膵臓がんの関係を10年以上にわたって調べました。

その結果、『米国人のための食事ガイドライン』という公的な食事ガイドで指導されている食生活と、ほぼ完全に一致した生活をしている人ほど、膵臓がんの罹患リスクが15%も低いことが確認されたとか。

この傾向は女性よりも男性に強く見られたといいますが、膵臓がんで亡くなる女性が多い点を考えると、気になる話ですよね。

 

■膵臓がん予防のために避けるべき食品

前述の『米国人のための食事ガイドライン』の内容を大まかに言えば、

(1)野菜や果物、豆類をたくさん食べる

(2)白米より玄米、食パンより玄米パンなど精製されていない穀物を食べる

(3)脂質を控える

(4)糖質を控える

など、バランスの取れた食事が勧められています。この手の話はもちろん、一般論としてよく知られていますよね。さらに、米国がん学会からは膵臓がん予防のために、

(5)赤肉やハム、ソーセージの食べすぎを控える

(6)女性は毎日、1杯以上のお酒を飲まないようにする

なども勧められています。ただ、どうしてこのようなバランスの取れた食生活が膵臓がんの予防につながるのでしょうか?

国立がん研究センターの『がん情報サービス』によると、膵臓がんの要因ははっきり分かっていないものの、喫煙と肥満はリスク要因として認められているとか。

その意味では、不健康な食事を続けていると肥満リスクが上がり、その結果として膵臓がんリスクも高まってしまうのかもしれませんね。

 

以上、膵臓がんリスクを下げるために食生活で注意したいポイントを紹介しましたが、いかがでしたか? 肥満を予防する意味では、運動習慣も大切ですね。

(ライター 坂本正敬)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強~い味方とは

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ 忙しくてもすっぴん美人!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

 

【関連記事】

※ タバコ級にヤバい!毎日飲むと「4.6歳も細胞が老化」する飲み物とは

ゴミ箱や冷蔵庫で丸わかり!「がんリスクの高まる」家の特徴6つ

タバコと同じ発がん物質が増加!ジャガイモは冷蔵庫に入れてはいけない理由

 

【姉妹サイト】

※ コンビニ食が増えたら!週末摂りたい医師推奨の「デトックス食材」

※ お金がガンガン入る!? 占い師が教える「金運・恋愛運UP」する財布

 

【参考】

Healthy Diet Linked to Lower Risk of Pancreatic Cancer – American Cancer Society

2015年のがん罹患数、死亡数予測 – 国立がん研究センター

がん種別リスク要因と予防法 : がん情報サービス – 国立がん研究センターがん対策情報センター