これぞ毒嫁!何気ない一言で「夫が死ぬほど萎える」悪魔のフレーズ3つ

by 大宮 つる |

人間関係, , ,

結婚して何年か経つと、夫婦間で徐々に遠慮がなくなりがちですよね。結婚前は絶対に口にしなかったことでも、今では何気なく言ってしまっている言葉もあるかと思います。

そんな妻の言葉が夫を死ぬほど萎えさせ、「家に帰りたくない」「安らげない」を発端に、浮気に走らせてしまっていたら……。それは大変なことですよね!

そこで今回は、心理カウンセラーの金盛浦子さんの著書『“人に自慢できる夫”の作り方』や『WooRis』の過去記事を参考に、“夫を死ぬほど萎えさせる”悪魔のフレーズを3つご紹介します。

 

■1:もうやらなくていい!

「今日は俺が夕飯作っておいたよ」「洗濯物干しておいたよ」など、夫が自発的に家事を手伝ってくれるケースもあると思います。

その際に、キッチンが汚れていたり、乾いた洗濯物がぐしゃぐしゃになっていたりした光景を見て、「何これ~? もうやらなくていい!」と言い放ってはいませんか?

この類の言葉は、男性によっては「二度とやるもんか」と堅く決心させてしまう悪魔のフレーズ。

夫がしてくれた好意については、まずは「ありがとう! 助かるわ」と感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

■2:○○さんのご主人、昇進したんだってね

帰宅後の夫に、開口一番「○○さんのご主人、昇進したんだってね~。あなたもしっかりね!」と話しかける方も要注意です。疲れて帰ってきている中で、妻から精神的にイラつく言葉を言われたら、普段温厚な方でも怒り出しかねません……。

逆に、夫から「○○の奥さんはいつもキレイでいいなぁ」「お前も○○さんを見習って、何かしたら?」などと言われたら、いい気はしませんよね。

“第三者と比較する言葉”は、時に大ダメージを与えることもあります。くれぐれも言わないようにしたいですね。

 

■3:結婚前は○○だった、昔と違う!

「結婚前はこうだったのに、今は全然……」と、昔と今の落差を嘆いている方もいらっしゃることでしょう。

ただ、それはある意味お互いさまのところもあるので、「結婚前は○○してくれたのに、嘘つき!」「昔と違う!」などの“過去と比較する言葉”も控えたいもの。

夫からしてみたら、「結婚前は優しくて可愛かったのに、こんなにカリカリ怒るとは思わなかった……」と。それを夫が言えば、さらに妻が怒り出すから、言わないだけかも。

こういったことが積み重なっていくと、夫がいつかプツンと「もういい!」となる場合も。気をつけるようにしましょう。

 

以上、夫が嫌がる悪魔のフレーズを3つご紹介しましたが、つい何気なく言ってしまった言葉もあったのではないでしょうか?

どれも立場を置き換えて考えてみると、言われたらイヤですよね。“親しき仲にも礼儀あり”で、夫にも言わないようにしましょうね。

(ライター 大宮つる)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ あのガガ様も13kg減!? 結果にこだわる「低GIダイエット」成功の秘訣とは

外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強~い味方とは

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【関連記事】

※ 既婚男性が選ぶ「理想の夫」3位江口洋介を上回る、妻も納得の1位は?

ゲッ…1分でバレバレ?「夫婦関係が本物か」今すぐ分かるチェックリスト

うわっやってる…!夫が離婚したいと考え始めるキッカケ「3ナイ生活」とは

 

【姉妹サイト】

※ 子どもにアジフライはNG!大学調査で判明「天才になる魚の食べ方」

※ あなたの夫はどうかしら!? 「妻を大切にする夫」がやってる愛情表現3つ

 

【参考】

「D言葉」の多用に気をつけて!夫がイラッとする妻の口ぐせ3つ – WooRis

既婚男性が不満を暴露!夫から「家事ハラ認定」される妻のヤバいNG言動3つ – WooRis

※ 金盛浦子(2004)『「人に自慢できる夫」の作り方』(河出書房新社)