気を抜くとカッサカサ!「花粉+乾燥」のWダメージのトラブル肌対策

by 望月理恵子 |

美容, , ,

2月上旬には飛び始める花粉、特に今年は花粉量が多いとの予報です。

今の時期、花粉や空気の乾燥によって肌トラブルが起きやすいですよね。肌トラブルが起きてしまってからでは、シミやシワとして蓄積されてしまうことも。

だからこそ早めに、しっかりとダメージ対策をして、綺麗な肌を目指したいところです。

そこで今回は、美容カウンセラーの筆者が花粉の時期の肌トラブル対策についてご紹介します。

 

■クレンジングはミルクタイプやクリームタイプがマスト!

1日の中でも最も肌に負担がかかるのは、実はメイクを落とす過程なのです。

だからこそ、普段使用しているクレンジングを見直してみてください。例えば、クレンジングの定番で、洗浄力が高いオイルタイプは肌に負担をかけてしまうことも。そしてズボラ女子が使いがちなふき取りタイプは、こすり過ぎてしまうリスクが高く要注意です。

オススメは、ミルクタイプのものやジェルタイプやクリームタイプ。“低刺激”や“敏感肌にも使える”などの表記があればより安心です。ただ洗浄力が多少弱く、ウォータープルーフや濃いアイメイクは落としきれないこともありますので、しっかり落ちているか鏡でチェックをきちんとしましょう。

 

■スキンケアは十分な保湿を!

花粉の時期は鼻を噛んだり、目をこすったりと、肌への摩擦による乾燥トラブルが多くあります。さらに、花粉の刺激で肌をかいてしまうこともありますよね。

水分不足の肌であれば、保水作用のあるセラミドやヒアルロン酸配合のものを使用し、化粧水を重ねて角層が潤うようなケアを!

油分不足の肌なら、美容オイルやクリームで肌の保湿成分が流出するのを防ぎましょう! 水分と油分は、どちらも肌にとって必要不可欠です。スキンケアも敏感肌向けで高保湿なものを選ぶようにしましょう。

 

■メイクアップも気を抜かない!

日中でメイクをしたままの時間が一番長いので、ここで気を抜いてはいけません! 水分不足の肌には保湿成分が入っているリキッドファンデーションで保湿&水分を補給するものがオススメ。

油分不足の肌であればクリームファンデーションやエマルジョンファンデーションがオススメ。仕上げにお粉などで花粉が付着しにくいようにすれば、花粉による肌トラブルもリスクが低くなります。

 

■インナーケアで内側からもバリアを! ビタミンACE(エース)

外側からのケアだけでなく、やっぱり欠かせないのはインナーケア! 花粉の時期は約3か月ほどなので意外と長期戦です。スキンケアだけでは万全な準備ができたとは言えないでしょう。

肌荒れしやすい時にも欠かせないのがビタミンACEといわれているビタミンA、ビタミンC、ビタミンE。肌の調子を整えるのに欠かせないビタミン類もしっかり摂取して、万全の対策をしたいもの。

 

いかがでしたか。今回はこれからのシーズンのお肌ケアについてご紹介いたしました。

花粉の時期に余計なストレスを感じないためにも、早めの肌荒れ対策をしておきたいですね。もしも肌荒れを引き起こしてしまった場合は、化粧品で対応しようとするのではなく、早めに皮膚科で相談すると安心ですね。

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

タバコ級にヤバい!毎日飲むと「4.6歳も細胞が老化」する飲み物とは

100均で買える!冬のお肌カサカサ対策に大活躍な「乾燥対策グッズ」3選

※ 熱~い一番風呂って気持ちイイ!が落とし穴「乾燥肌が加速する」NG習慣3つ

 

【SPONSORED注目記事】

たった1,000円で「感動のハリ」を実感!夫婦円満もコレだけでOK

え…お肌がプルプル!年齢肌が潤う「あの成分」がスゴすぎる

セルライトを放置しないで!おデブ体質から抜け出す方法はコレ

 

【姉妹サイト】

※ 通勤中にもむだけ!「血色アップして頭もスッキリ」朝美容3つ

※ ゲ…毎日やってた!「心臓病リスクが27%UP」する朝のNG習慣とは

 

【画像】

※ wavebreakmedia / Shutterstock