みかんの「白い筋」捨ててる?老化防止にもなる偉大な栄養効果とは

by 望月理恵子 |

健康・病気, , ,

寒いときに家で温まりながら食べる定番といえば、“みかん”ですよね。

みかんを食べるとき、まず外の皮をむきますよね。さて、問題は次です。皆さんは、みかんについている白い筋のようなものをとりますか? それとも気にしないでそのまま食べますか?

実は、この白い筋のようなものをとって食べるなんて、とっても勿体ないことなんです! 今回はこの“みかんの白い筋”について管理栄養士の筆者がご紹介します。

 

みかんについている白い筋は栄養の宝庫!?

みかんについている白い筋は、“アルベド”と呼ばれているかんきつ類の果皮内側の繊維。このアルベドには、みかんの果実部分に含有されている栄養価より優れたビタミン類が含まれていることが分かっています!

アルベドの中にはビタミンPが豊富で、みかんの果実部分の約300倍近く含有しているといわれています。そして、便秘予防、肥満予防のための食物繊維も豊富に含まれています。

 

■ビタミンPとはどんなもの?

ビタミンPは、ビタミンに似た“ビタミン様物質”と呼ばれるもので、ポリフェノールの1種です。ワインに含まれるポリフェノールと同様に、強い抗酸化力や毛細血管を強化する働きを持っています。また、これから飛散が多くなる花粉に対してのアレルギー抑制効果も期待できます!

みかん等のかんきつ類に多く含有されているこのビタミンPは、別名ヘスペリジンとも呼ばれます。熟す前の青みかんにも多くのヘスペリジンが多く含まれています。

 

■壊れやすいビタミンCを守る働きも

ヘスペリジンは、湿度や温度、紫外線の影響を受けやすく壊れやすい性質を持っているビタミンCを守る働きをし、ヘスペリジンに助けてもらったビタミンCは、血流を良くしたり、活性酸素を抑えることで血圧の上昇を予防したりもします。

また、前述の通り毛細血管を強くして、体内部の組織と栄養・酸素のやりとりをサポートします。

さらにアトピー性皮膚炎や花粉症等のアレルギー反応による炎症を緩和、コレステロール値の改善、中性脂肪減少のサポートなど、幅広い働きが期待できます。

 

いかがでしたか? 今回は、みかんのよく捨ててしまう部分“白い筋”の栄養成分についてご紹介いたしました。これらの成分を美味しく食べるおすすめのレシピは、みかんで作るマーマレード。

また、手軽な焼きみかんもおすすめ。皮ごとみかんを焼くことで、皮に含まれている有効成分がみかんの果肉に浸透します。みかんを無駄なく美味しく丸ごと食べて、美や健康が保てるのは嬉しいですね。

(ライター 望月理恵子)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ 元ミスインターナショナルが大絶賛!お手軽スムージー「美女と野ジュース」が凄すぎる

※ 7割がダイエットで貧乳に…!? 夫も思わずときめく「メリハリボディ」を叶える秘訣

 

【関連記事】

※ ゲッ…ヘルシーじゃないの!? 医師が「絶対手をつけない」不健康食品5つ

※ タレはいつ入れる?栄養士が教える目からウロコな「納豆のヒミツ」

※ えっ…バナナも!? 常温保存ではなく「冷蔵庫に入れるべき」食品5つ

 

 

【姉妹サイト】

※ 大根&人参を食べるなら「煮物or野菜スティック」美肌になるのは?

※ 1000人に聞いた「ガチで金運UPしたパワスポ」2位浅草寺、1位は

 

【画像】

※ ぺかまろ / PIXTA(ピクスタ