教育熱心な親ほどやりがち、子どもを追い詰める「毒親」なNG行為3つ

by 吉田和充 |

子育て, , ,

「元々、子どもに良かれと思ってやっていたのに、いつの間にか、なぜか私が毒親になってしまっていた……」、こんなことがあると悲惨ですよね。子どものためにも、親のためにもならないのですから。

でも、実は最近こうした親が増えていると言います。しかも、こうした親は教育熱心なことが多く、子どもに対して完全に間違った態度で接してしまっていると言うのです。残念ながら、これでは子どもの成績も伸びるわけがありません。

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『the Asian parent』などの記事を参考に、教育熱心な親ほど“子どもにやってしまいがちなNG行為3つ”を紹介します。

 

■NG1:子どもの“進みたい道”を勝手に決めつける

親としては自分が進んできた道、進みたかった道こそ、“子どもが進みたい道”だと思いがちです。

なぜなら親自身も、自分がやってきたこと、通ってきた道しか分からないからです。

しかし、これは大きな間違いである可能性があります。根本的に親であるあなたと、あなたの子どもは人格が異なります。子どもは、あなたのコピーではありません。全く別の人格なのです。

ですから、子どもは自分と同じ道を望んでいるとは限りません。毒親にならないためには、まずこの前提を認識しておきましょう。

 

■NG2:子どもに高望みしプレッシャーをかける

ついつい子どもを想う気持ちからかもしれませんが、期待をかけすぎていたり、高望みしすぎしたり、ということはありませんか?

子どもには、その子本人の人生があります。

親が期待をかけすぎると、プレッシャーに押しつぶされてしまったり、子どもの人生の重石になってしまったりします。

例えば、どんな世界にでもいる、いわゆる“2世”。“2世タレント”や“2世議員”。もちろん、中には“2世”ならではの素晴らしい人もいるかと思いますが、全体的には、あんまりいい印象はないですよね?

子どもには子どもの人生があります。くれぐれもプレッシャーをかけすぎないようにしてください。

 

■NG3:“人生の成功”の定義を子どもに押し付ける

あなたにとっての人生の成功とはなんでしょうか? それでは、その成功の定義ははたして子どもと同じでしょうか…。

あなたにとっての“人生の成功”の定義と、子どもの考える定義は違うものである可能性があります。もちろん、時代背景もあるでしょうし、そもそも趣味嗜好が違うこともその理由。

つまり、あなたの成功の定義を子どもに押し付けてはいけないのです。

 

以上、“子どもにやってしまいがちなNGリード3つ”でしたがいかがだったでしょうか? 子どものことを想うがゆえに、ついついやってしまっていたことはありませんでしたでしょうか。

自分でも気づかないうちに“毒親”になっていないか、チェックしてみてください。

(ライター 吉田和充)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ ママ、きれいに撮ってね!「入学式で後悔しない」一眼カメラを選ぶ3つのポイント

※ 誰もが知ってる〇〇がお肌の救世主に? 医師が注目する驚きの美肌成分を試してみた

忙しいママ専用!「保湿と浸透」にこだわったコスパ抜群の時短スキンケア

 

【関連記事】

※ 1歳で使用率が7割超え!知っておくべき「スマホが子どもに与える悪影響」

※ ゆがんで育ってしまう、思春期の子どもに「毒親」がやりがちなNG言動3つ

※ 過干渉が子どもの人生をダメにする「毒親」特有のNGフレーズ3つ

 

【姉妹サイト】

※ ゲッ…こんなことで!? 「ママ友トラブルに発展する」働きママのNG行動

※ ゲス夫になっちゃう!男が浮気したくなる「妻のゲンナリ行動」5つ

 

【参考】

※ The 4 mistakes parents make that make their kids’ grades worse – the Asian parent

 

【画像】

※ BK