無意識に…どんどん顔面が歪む!今すぐ直すべき日常生活のクセ4つ

by 大宮 つる |

美容, , ,

テレビに映る芸能人を見て、「口元がゆがんでいる」「鼻が曲がっている」「右側のあごだけ発達している」などと思ったことはありませんか?

こういった顔のゆがみは、決して人ごとではありません。実は、自分が気づいていないだけで、加齢とともに自分の顔もゆがんできている可能性大なんです。

そこで今回は、医学博士の西原克成さんの著書『2週間で美人になる本』や『WooRis』の過去記事を参考に、“顔をゆがませる”日中のNG習慣を4つご紹介します。

 

■1:ほおづえをつく

ふとした瞬間に、“ほおづえ”をついていることってありますよね。実は、このクセ、顔をゆがませてしまう要因の一つ。

たとえば、いつも左側でほおづえをついていると、左側の“あご”や“ほっぺた”ばかりに力がかかっていることに。これを継続的に行っていると、顔の変形を引き起こし、歯並びまでも悪くする恐れがあります。

 

■2:口呼吸をしている

口呼吸の弊害は、いびきや口臭、むし歯・歯周病、風邪を引きやすくなるなど様々なものがありますが、ヘルス面だけの問題ではありません。

無意識に口呼吸をしていると、いつも口が開いている状態の“ポカン口”になってしまいます。口まわりの筋肉が使えていないため、顔のたるみを引き起こし、“出っ歯”や“受け口”などを招く場合も……。意識して、鼻呼吸を心がけましょう。

 

■3:片側ばかりで噛んでいる

3つ目は食事をしたり、ガムを噛んだりする際に、“片側ばかりで噛む”です。無意識のうちに右or左の片側ばかりで噛んでいるということがあるかもしれません。

よく噛むほうのあごは発達し、噛まないほうのあごが衰え、アンバランスな輪郭になるのが目に見えていますよね。まんべんなく両側で噛むようにしましょう。

 

■4:立ち姿勢が悪い

電車に乗っている時、列に並んでいる時など、片側ばかりに重心をかけていたり、猫背になっていたりしていないでしょうか?

こういった悪い立ち姿勢を続けていると、身体をゆがませるだけでなく、顔もゆがませる原因となってしまいます。

日頃から、両足にバランスよく力を入れて、且つお腹に力を入れて背筋をまっすぐ伸ばして立つようにしたいですね。

 

以上、どんどん顔をゆがませてしまう日中のNG習慣をご紹介しましたが、無意識でしているものはありませんでしたか?

さらに気をつけたいのが、睡眠中の寝相です。『WooRis』の過去記事「ゲッ…あなたの寝相で“おブス化”が加速!アンバランスな顔になるNG寝相2つ」で詳しく紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

(ライター 大宮つる)

 

【関連記事】

※ タバコ級にヤバい!毎日飲むと「4.6歳も細胞が老化」する飲み物とは

えっ…マジで!? 「白髪がどんどん増えちゃう」NGシャンプー方法4つ

※ これがあると一気にオバ顔!10歳老ける「目の下のたるみ」予防方法5つ

 

【SPONSORED注目記事】

※ 医師も注目の母乳がスゴイ!9割が悩む肌トラブル解消の新アイテムとは

※ 徹底的にセルライトと戦う!500円で試せるエステサロンの技が凄い

たった1,000円で「感動のハリ」を実感!夫婦円満もコレだけでOK

 

【姉妹サイト】

※ バストはしぼまずお腹から痩せる!1袋100円の激安ダイエット食材とは

※ えっ…コスメ代が実質タダ!? お得に「キレイになれる裏ワザ」とは

 

【参考】

無意識に口開いてない?老け顔の原因にもなる「口呼吸」の対策法 – WooRis

どんな姿勢でスマホ見てる?腰痛まで引き起こす「見た目にもおブス」な姿勢3つ – WooRis

※ 西原克成(2000)『2週間で美人になる本』(マキノ出版)