老化加速の恐れも…「乾燥シミ肌」をまねくNGクレンジング法4つ

by 大宮 つる |

健康・病気, , ,

メイクをした日にはかならず行う、メイク落とし(=クレンジング)。クレンジングは、実は肌にとってとても負担をかけている行為だそうで、そのやり方によっては、乾燥やシミなどの肌トラブルを自ら招いている可能性もあるんです!

なんとなくやっていたNGクレンジングで、おブス化を加速させてしまったら、切なすぎです……。

そこで今回は、よしき皮膚科クリニック銀座院長の吉木伸子さんの著書『からだ想いさんのうるおい美肌ケア』や『WooRis』の過去記事などを参考に、“乾燥・シミ肌”のおブス化を加速させるNGクレンジング法を4つご紹介します。

 

■NG1:ふきとりタイプでメイクを落としている

ふきとるだけで簡単にメイクが落とせる“メイク落としシート”。忙しく働く女性にとっては便利アイテムですよね。

ただ毎日のようにふきとりタイプでメイクを落としている方は、要注意。洗浄力が強く、シートで肌をこする刺激もあり、肌への負担大。シミや赤ら顔などを引き起こしかねないそうです。

シミを作りたくない方は、シートタイプでメイクを落とすのは習慣にしないほうが無難かもしれません。

 

■NG2:洗浄力が強すぎるクレンジング剤を使っている

いま使っているクレンジング剤は、安さ重視で選んでいるものですか? それとも、自分の肌質を知った上で選んだものでしょうか?

手ごろな値段で入手しやすい“オイルタイプ”や“泡タイプ”のクレンジング剤のほとんどには界面活性剤が含まれており、洗浄力が強めです。

洗浄力が強すぎるクレンジング剤を使い続けていると、肌のバリア機能を壊してしまい、“乾燥肌っ子”に……。

 

■NG3:クレンジングオイルで顔のマッサージをしている

オイルタイプのクレンジング剤を使っている方が特にしがちな“顔のマッサージ”。「オイルですべりがいいし、一石二鳥」となんとなくやりがちですが、絶対にやめましょう!

上述のとおり、オイルタイプは洗浄力が強め。それでマッサージをしていると、肌を痛めてしまいます。

同著によれば、

<クレンジング剤を顔になじませてからすすぎ終えるまでを、トータル1分以内ですませるのが目安です。>

とのこと。できるだけ、短時間でメイクオフするようにしてくださいね。

 

■NG4:目の上など強くこすっている

マスカラがしっかりついている時、目の上をゴシゴシとこする……これも案外やりがちではないでしょうか?

でも、これも肌のことを考えると、極力避けたい行為です。というのも、こすりすぎはシミができる原因になってしまうんだとか。

ばっちりアイメイクをしている時は一気に化粧を落とそうとせず、アイメイクだけ先にオフするようにしましょう。

 

以上、“乾燥シミ肌”を加速させるNGクレンジング法をご紹介しましたが、やっているものはありませんでしたか?

ちなみに、肌負担が少ないクレンジング剤は、クリームやジェルタイプなんですって。肌負担が大きいだけに、吟味してクレンジング剤を選びたいものですね。

(ライター 大宮つる)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 顔がテカってるなんて言わせない!「顔専用」の汗予防とは

※ 結婚してもずっとキレイ!芸能人のスタイルキープ法とは

※ 「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

 

【関連記事】

※ 気を抜くとカッサカサ!「花粉+乾燥」のWダメージのトラブル肌対策

結露に要注意!加湿器が引き起こす肌の「おブス化」の衝撃的な事実

※ 夫のAV鑑賞許せる?「Hなアレを発見」した時の妻の神対応3つ

 

【姉妹サイト】

※ 大根&人参を食べるなら「煮物or野菜スティック」美肌になるのは?

※ たった数百円で!コスパ絶大「ドラッグストアの優秀コスメ」3選

 

【参考】

エステティシャンは選ばない!「老化を早めるクレンジング剤」の特徴 – WooRis

春の肌は汚れやすい!今すぐ見直すべき「W洗顔」のポイント各4つ – WooRis

吉木伸子(2009)『からだ想いさんのうるおい美肌ケア』(アスペクト)

 

【画像】

※ file404 / Shutterstock