思春期の娘についに彼氏が…!その時母親が絶対してはいけない言動3つ

by 大宮 つる |

子育て, , ,

男の子より“ませている”と言われることの多い、女の子。思春期ともなれば、好きな男子がいたり、淡いお付き合いをしている相手がいたりするかもしれません。

それはさておき、娘から「彼氏ができたの」と相談された場合、あなたはどんな反応をするでしょうか? 全くあり得ないケースではないだけに、心の準備をしておきたいもの。

そこで今回は、心理カウンセラーの金盛浦子さんの著書『いざと言うときに役立つ子育てQ&A95』や『WooRis』の過去記事を参考に、思春期の娘に“彼氏ができた”とき、母親が絶対してはいけない言動を3つご紹介します。

 

■NG1:「その年齢で付き合うなんてダメ!」と禁ずる

思春期の娘が「お母さん、わたし彼氏ができたんだ」と相談してきたら、あなたはどんな反応をしますか?

「あら~どんな子なの?」と比較的寛容な反応か、あるいは「その年齢で付き合うなんて!」「勉強の妨げになるじゃない!」などの拒絶反応かという2パターンに別れるところではないでしょうか?

避けたいNGな反応は、後者の“付き合うことを禁止”する反応。『WooRis』の過去記事「ゆがんで育ってしまう、思春期の子どもに“毒親”がやりがちなNG言動3つ」の中でも紹介していますが、子どもにとって心身の健全な成長の妨げになってしまいます。

また、親が厳しく制限・禁止すると、子どもは隠れて交際を続ける場合があり、かえって心配な結果を招くことも……。

 

■NG2:父親と一緒になって怒る

父親にとって、娘に恋人ができることは一大事。「彼氏とデートに行くんだ」などと聞いたら、ヤキモキして居ても立っても居られない心理状態になってしまうでしょう。

「男女交際なんて、俺は許さない」「どんな奴なんだ」と父親がイライラしている様子があった場合、一緒になって母親も「私もそう思うわ」「別れさせましょ」など怒ったり同調したりするのはNG。

その理由としては、先程NG1でお伝えしたとおり、交際を禁じても良くない結果を招くことのほうが多いからです。母親としては「私たちの娘なんだから信頼してあげましょ。将来の糧になるはずよ」など、できるだけ娘の味方になってあげたいものですね。

 

■NG3:交際の進捗状況など、不用意に父親にベラベラ話す

娘と仲良しの母親であれば、娘から交際の進捗状況を聞くこともあると思います。ここで注意したいのが、その話を父親にベラベラ話してしまうこと。

父親からしてみれば、“娘は自分の恋人”のようなものなので、話を聞いていい気分になる人はほとんどいないでしょう。また、万が一娘に話していることをバレてしまった時に、信用を大きく失ってしまうことにもなりかねません。

不用意に話をすることは避け、娘と母親の間だけの話に留めるようにするなど配慮をするようにしましょう。

 

以上、思春期の娘に彼氏ができたとき、母親が絶対にしてはいけない言動をご紹介しましたが、いかがでしたか?

さらに避けられない話は、“性体験や性のあり方”についての話し合いではないでしょうか。親の認識と子どもの認識がずれている可能性がありますので、子どもとはしっかり話し合うようにしましょう。ご参考にしてみてください。

(ライター 大宮つる)

 

【Specialコンテンツ(PR)

我が子の成長を実感…!「いつでも子どもを見守りたい」ママの強~い味方とは

キレイなママさんはみんな使ってる! 美容家も唸る「自然派化粧品」が凄い

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

 

【関連記事】

※ 息子の部屋からHなアレ発見…母親が絶対言ってはいけないNGフレーズ3つ

性体験の遅早・人数・行為前のケア「子宮頸がん」リスクを高める要因3つ

※ 夫のAV鑑賞許せる?「Hなアレを発見」した時の妻の神対応3つ

 

【姉妹サイト】

※ ギクッ…やってる!夫の気持ちがスーッと離れる「妻のガッカリ言動」3つ

※ 寝付きが悪くなる原因!? 「寝る前に歯を磨く」のが実はNGな理由

 

【参考】

AKB並の恋愛禁止令!? 大学生の子どもに「恋人ができた時」親の反応3タイプ – WooRis

※ 金盛浦子(2005)『いざと言うときに役立つ子育てQ&A95』(黎明書房)

 

【画像】

※ Iakov Filimonov / Shutterstock