無気力な子どもに育ってしまう「親の呪いのフレーズ」2つ

by 吉田和充 |

子育て, , ,

家事に育児に、場合によっては仕事まで。家庭内で一番負担が大きいのは、やっぱりママですよね。こうした状態でママ自身にちょっと余裕がないと、ついつい子どもにキツく当たってしまうこともあるのではないでしょうか?

しかし、子どもはママから受ける影響が大きいので、気をつけておきたいポイントがあるのです。

今回は『WooRis』の過去記事「無気力な子どもに育つ“親が絶対言ってはいけいない”NGフレーズ」や、海外の情報サイト『Care.com』などの記事を参考に、“子どものモチベーションを下げてしまう親のセリフ2つ”をご紹介します。

 

■NG1:よくできたね!

意外に思うかもしれませんが、これはNGワードなのだそうです。子どもに良かれと思って言っているママも、かなり多いのではないでしょうか?

このように結果だけを褒めていると、子どもは物事の“プロセス”を大切にしなくなってしまいます。

また、結果だけにフォーカスしていると、失敗したときに自信を失ってしまい、結果的には自己肯定感もなくなってしまいます。是非そのプロセスにフォーカスして褒めるようにしてください。

「一生懸命、毎日本を読んでたからできたんだね!」「あのパスは良かったね。ゴールは決まらなかったけど、あそこが良かったね」などという感じで、過程やプロセスにフォーカスして、褒めてあげてください。

 

■NG2:泣かないの!

これもついつい言ってしまっていませんか? 実は、これも子どものモチベーションを下げてしまうNGワードなんです。

というのは、子どもの感情は、できるだけストレートに吐き出させるようにしてあげた方が良いのです。感情を無理に押し殺すことのないようにしてあげてください。

これを続けていると、感情が表現できない無気力な子どもになってしまいます。

大事なのは、子どもの気持ちに共感してあげること。泣いている時であれば、子どもの泣いている理由を、代わりに言ってあげると良いでしょう。このように代弁してあげるだけで、泣き止んだりもします。

子どもにとっては、泣いている理由をちゃんと分かってもらって、共感してもらえるだけで、納得するのです。こうすることで、子どもはやがて感情を上手にコントロールすることができるようになります。

 

以上、“子どものモチベーションを下げてしまう親のセリフ2つ”でしたがいかがだったでしょうか? このような普段、何気なく言ってしまうようなセリフが意外にもNGワードなのですね。

こうしたことは、知っているだけできちんと対応できるはずです。子どものためにも、ママさん自身のためにも、さっそく実行してみてください。

(ライター 吉田和充)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

我が子の成長を実感…!「いつでも子どもを見守りたい」ママの強~い味方とは

キレイなママさんはみんな使ってる! 美容家も唸る「自然派化粧品」が凄い

※ ママ友から視線が痛い…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【関連記事】

※ 1歳で使用率が7割超え!知っておくべき「スマホが子どもに与える悪影響」

※ 喧嘩を止めないで!逆に「暴力的な子ども」に育ってしまうNG子育て3つ

※ 真面目な子育てママほど「自己嫌悪に陥ってしまう」2つの理由

 

【姉妹サイト】

※ ギクッ…やってる!夫の気持ちがスーッと離れる「妻のガッカリ言動」3つ

※ 寝付きが悪くなる原因!? 「寝る前に歯を磨く」のが実はNGな理由

 

【参考】

※ 19 Things You Should Never Say to Kids – Care.com