寒い時期こそ!デコルテにニキビができてしまう原因と上手なケア方法

by 望月理恵子 |

美容, , ,

顔の保湿対策はバッチリしている人でも、ついついケアを忘れがちな場所といえば“首もと”!

特にこの時期はハイネックの洋服やマフラーなどで首もとが見えないため、ケアを怠っている人も多くいるようです。

しかし、女性が魅力的に見えるポイントでもあるのが、この“首もと”です。いわゆるデコルテを隠してしまうのは魅力を減らしてしまうことになってしまいます。

そこで今回は、薄着になる前にケアしたいデコルテについて、美容カウンセラーの筆者がご紹介します。

 

■1:ケアを怠りがちなデコルテ

女性らしさが現れるデコルテ。髪が長かったり、洋服で隠れてしまったりしやすい場所ですが、男性もしっかりチェックしている“隠れた注目ポイント”なんです。

首は女性の年齢が分かると言われますが、デコルテも乾燥しやすく、肌荒れが起こりやすく年齢が分かりやすい場所なので要注意! 保湿などのケアを怠りがちです。

温かくなってきた時期にデコルテを出そうとしても、今の時期のケア不足で乾燥したり、シワが増えたりしたデコルテになることも。

だからこそ寒い時期、まだ隠せる時期に魅力的なデコルテを作り出すことが、他の女性と差をつける一歩にもなります。

 

■2:デコルテはニキビができやすい

また、デコルテは顔の皮膚同様、とてもニキビができやすい場所なんです。食生活やホルモンバランスの乱れなど、様々な原因でニキビはできます。

特にデコルテにニキビができる要因は、胸と胸の間に汗が溜まりやすいこと、胸の周りは皮脂の分泌が多いため、意外とニキビができやすい部分でもあります。

せっかく薄着の季節になっても、ケアを怠ればニキビだらけのデコルテになってしまいます。そしてデコルテが隠れる洋服を着れば、さらに洋服との摩擦によってニキビが悪化してしまうという悪循環を引き起こすことも。

だからこそ今から綺麗なデコルテ作りをしていきたいですよね。

 

■3:デコルテニキビができる原因はシャンプー

もちろん、汗以外にも日常生活からデコルテにニキビができることもあります。

例えばお風呂でシャンプーやリンスをして洗い流すとき、デコルテ部分はしっかり洗剤を流しきっていますか? デコルテまわりに洗い残しがあると、それがデコルテニキビをつくる原因になってしまいます。

そしてデコルテまわりを洗うときには強く擦りすぎるのも厳禁! ゴシゴシ洗うと逆に肌を傷つけて炎症を起こしてしまうことがあるので、優しく、そしてしっかり洗い流すことが重要です。

 

いかがでしたか? 今回はデコルテの肌ダメージについてご紹介いたしました。

デコルテは、洋服やマフラーがなければ太陽の光を浴びやすい部位。紫外線の刺激を受けることは肌にとって大きなダメージになりシワの原因ともなります。顔の皮膚と同様、デコルテも同じように日焼け止めクリームを塗ってケアしたいですね。

また、髪がデコルテの皮膚や、できてしまったニキビを悪化させてしまうこともあるので、髪の長い方は髪を結んでおき、肌への刺激を避けるようにするのもコツになります! 日頃のケアを忘れずに、デコルテ美人を目指してくださいね。

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ 【ミス日本式】週1回45分で美肌が手に入る!日本代表の美女の入浴法とは

※ タレはいつ入れる?栄養士が教える目からウロコな「納豆のヒミツ」

※ 【ミス日本式】歴代ミス日本も実践する「ハンカチのマナー美人な使いこなし術」3つ

 

【SPONSORED注目記事】

※ 「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

※ 成長ホルモンがドバドバ!? 子どもの背が伸びる「伸長ドリンク」とは

※ 医師も注目の母乳がスゴイ!9割が悩む肌トラブル解消の新スキンケアとは

 

【姉妹サイト】

※ プロが愛用!退勤時まで「リップが美しく持続する」アイテム3つ

※ 食べ過ぎを帳消し!たった1杯でおデブ化を阻止するジュースとは