9割が「やっぱり紙の手帳で!」スケジュール管理におけるメリット3つ

by 清水希枝 |

生活, , ,

女性たるもの、実に色々な予定がありますよね。仕事の予定に友達とのお出かけ、習い事、デート……そんな予定をあなたは何を使ってスケジューリングしていますか?

株式会社マーシュが、20代~50代の“紙の手帳を利用している”男女400名に実施した『手帳に関する調査』によると、スマートフォンの普及が進む中、なんと9割の方が紙の手帳を継続利用予定だそうです。

一流企業に勤める女性、家事に育児に大忙しの主婦……そんな皆さんにお伝えしたいのが、データ消失リスクのあるスマホでのスケジューリングではなく、根強い人気を誇るレトロで古風な“紙の手帳”の魅力です。

今回は、紙手帳を愛用している方々に、“紙手帳が持つ魅力と使い勝手の良さ”についてお話を伺ってきました。

 

■1:スケジュールを書いて・見て・振り返って楽しむ

「現代女性は忙しく、時間がない」とよく言われていますよね。だからこそ自分のスケジュールをゆっくり見直す機会を設けることが、とても有意義なことになります。アプリでのスケジュール管理は、簡単・便利で時間短縮にもつながりますが、「なんだか味気ない……」そう感じている女性には紙の手帳がオススメです。

「予定を随時書き込んで、予定が埋まっていくのを楽しめるのが紙の良さかなって思うんですよね。アプリを一時期使ってましたけど、なんか事務的で楽しめなくってやめちゃいました。時短より、書いて楽しむスケジューリングがスキです」(20代女性・都内在住・広告代理店勤務)

デキる女性は、スケジューリングに時間を贅沢に使う傾向があるようです。

 

■2:自由にペン色を変えて見た目で分かりやすく管理

書き込む楽しさを知ったうえで、見やすくて便利だという意見が多かったのが“ペンの色”。自分のお気に入りの色や太さのペンで、デートの予定を書き込むといった女子力満開の可愛らしい意見もありました。

「色を目的ごとに変えて、パッと見ただけで予定が把握できるのがイイ!」(30代女性・北海道在住・警察官)

「子どもの予定と自分の予定とを、ペンの色を変えて書き込んでます。すぐ分かって、便利」(20代女性・愛知県在住・宅配作業員)

紙の手帳だと、自分の好きなように色ペンを使えて、一目見てわかるような構成にできるのが強みです。

 

3:上級者はデコレーションして楽しむ

使い勝手抜群で、どんなものにも貼れて見た目がオシャレになるマスキングテープ。みなさんお持ちですか?

マスキングテープで仕切りを作ったり、「とっておきの予定にマーキングしたりしている」という意見もありました。また、仕事の予定は文字だけ書き込み、プライベートな予定はシールを貼ってデコレーションするという声も。デキる女子はスケジュール帳もかわいくオシャレにするのですね。

 

いかがでしたか? これからは、コスパや便利さだけで選ばず、楽しみながら紙の手帳で自分だけのスケジューリングをするというのもありなのではないでしょうか?

(ライター 清水希枝)

 

【関連記事】

※ 【ミス日本式】歴代ミス日本も実践する「ハンカチのマナー美人な使いこなし術」3つ

「私忙しくて」自慢をしている人がやるべき、自分の時間を作る秘訣3つ

朝のたった5分だけ!1日の「生産性が劇的にアップ」するメモ書き習慣

 

【SPONSORED注目記事】

※ ガマンなしでメリハリボディに!? 忙しい人でも続けられる新ダイエットとは

※ 「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

※ ウソみたいにドッサリ!93%が実感の自然に出ると話題の青りんごジュースとは

 

【姉妹サイト】

※ 忙しい朝はコレ!国際線CA直伝「崩れないファンデ」の時短テク

※ 同窓会で92%が劣化チェック!藤原紀香が語る40代がやるべき美容法とは

 

【参考】

手帳に関する調査 ‐ 株式会社マーシュ

 

【画像】

※ Constantine Pankin / Shutterstock