わが子が自信のない子に育ってしまう「親の叱り方」3つ

by 大山奏 |

子育て, , ,

子育ては母親にとってもわからないことだらけです。意識していない小さなことが、わが子の人格の形成に影響を与えてしまうこともあるでしょう。

しかし、特に子どもが“自分に自信が持てずに育ってしまう”のは、後々色々な問題にもつながりかねません。出来ることであれば、このような事態は避けたいものです。

そこで今回は、心理カウンセラーの玉川華世さんに、親が絶対に言ってはいけない“子どもが自信をなくしてしまう言葉”について聞いてみました。

 

■子どもが自信をなくす叱られ方とは

玉川さんによれば、子どもは叱られる心当たりがない、わからないときに叱られると自信をなくしてしまうそうなんです。

例えば、次のような声かけは、子どもが「自分はダメな子なんだ」と思いこみやすい傾向があるそうです。

 

■1:「なんで、そんなことしたの?」

「子どもを叱る場面で、“頭ごなしに怒ってはいけない”“ちゃんと理由を聞かなきゃ”と強く思うあまり、理由を聞くだけで終わってしまうときってありますよね? でも、これって子どもにとっては、自信を失いやすい声かけです。

子どもは、お母さんが怒ると“自分が何かいけないことをしたのかもしれない”と感じます。でも、まだ幼いので“何がいけないのか”まではわかりません。

“何がいけないのか、よくわからないまま”というのは、かなりの不安です。この不安を放置しておくと、子どもの中で不安がどんどん大きくなり、自信が持てなくなってしまいます」とのこと。

なので、問いかけだけで終わらせず、

(1)なぜお母さんは怒ったのか

(2)なぜそれはやってはいけないのか

(3)次はどうしたらいいのか

までを、わかる言葉で伝えて子ども自身に振り返る時間をあげることが大切なんだそうです。

大人にとってみれば理由もわかるはずだと思うかもしれませんが、子どもにはしっかりと理由も含めて説明してあげることが重要なんですね。

 

■2:「前にも言ったよね」

「何度も伝えているのに、子どもは同じ失敗を繰り返します。その度に、同じことを伝えるのって、正直疲れちゃいますよね。そういうとき、ついついこの言葉を言ってしまいがちです。

成長途中の子どもは、時間の感覚が大人ほどハッキリしておらず、過去のことを覚える力もまだまだ未熟です。お母さんからすればとっても残念なことですが、お母さんが“前にも伝えたこと”を子どもは覚えていないことが多々あります。

そんな子どもにとって“前にも言ったよね”という言葉は“知らないこと”“心当たりがないこと”で、理不尽に叱られている体験になります。理不尽な叱られ体験は、“また同じように怒られるかもしれない”という不安になりやすく、子どもの自信や自主性の成長を妨げがちです。

子どもが理解できるまで、何度も伝え続けることが重要となってきます」

子どもの記憶力ってまだまだ未熟なんですね。前にも叱ったはずなのに……と思っても、子どもがしっかりと理解してのみこめていなければ同じ失敗をしてしまうことは普通のこと。一度言ったことは全部わかっているはずなんて、大人でもあり得ないのですから、しっかりと諦めないようにしたいですね。

 

■3:「お母さんは、もう知らないよ!」

「いくら“子どもに伝わる言葉で、何度も伝えることが大切”だとわかっていても、お母さんだって人間ですから、何度も同じことを繰り返すのは疲れます。“もうイヤだ!”って投げ出したくなって、こんな風に子どもに言っちゃうとき、あると思います。

お母さんが“子どもに伝わる言葉で、何度も伝えること”を通して、子どもは、自分がなぜ叱られているのかを、繰り返し振り返って、少しずつ学んでいます。まだ一人で学ぶ力が育っていない子どもにとって、繰り返し伝えてくれるお母さんはとても大切な存在です。

そんな風に学んでいる途中で、お母さんからの言葉がなくなってしまうと、子どもは振り返ることができなくなります。

そして、お母さんを怒らせたという事実だけが心に残り“よくわからないけど、私はママを怒らせたんだ”“私はダメな子なんだ”と自分のことを否定するようになっていきます」

同じことで何度も叱っていると、「うちの子は、何度言ったらわかるのかしら……」と不安になってしまうかもしれませんが、それは自然なことなんです。子どもにも個人差があるので、その子がわかるまでしっかりと面倒をみてあげるのが、親の役割なのかもしれません。

 

いかがでしょうか? 子どもの成長に失敗はつきものです。安心できる場所で、失敗と向き合うことで、子どもは自信を失うことなく、友達や学校・社会の中にとけ込む力を身につけていきます。

2、3回伝えたぐらいで、子どもが学ばなくても、それはお母さんやお父さんの責任ではありません。何度も伝えるのは大変かもしれませんが、お母さんやお父さんが辛抱強く付き合ったという事実こそが、子どもの自信を育てます。焦らずに、一緒にゆっくり成長してくださいね。

(ライター 大山奏)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 牛乳飲んでてもNG…子どもの背がぐんぐん伸びる「意外な鉄則」とは

※ 7割がダイエットで貧乳に…!? 夫も思わずときめく「メリハリボディ」を叶える秘訣

※ 9割の女性が悩む!? 医師が注目する肌トラブル解消の驚きの美肌成分は母乳?

 

【関連記事】

※ 無気力な子どもに育ってしまう「親の呪いのフレーズ」2つ

※ 息子の部屋からHなアレ発見…母親が絶対言ってはいけないNGフレーズ3つ

※ 親のスマホ依存も原因に?脳の博士が警告「子どもの成長が遅れる」NG行動2つ

 

【姉妹サイト】

※ キッーここが許せない!「夫婦ゲンカ」共働きのよくある原因3つ

※ 食べ過ぎを帳消し!たった1杯でおデブ化を阻止するジュースとは

 

【取材協力】

※ 玉川華世・・・家族や友達との関係で、多くの傷つき体験を持ちながら、その傷つきに気がつかず大人になり「なぜこんなにも私の人生はうまくいかないのか」と疑問を持ったところから、心理学と出会い、現在は心理カウンセラーとして活動中。以前は恋愛専門だったが、職場の人間関係をうまくまわすコツ、企業の心をつかむ転職活動のやり方、子どもの心を豊かにする接し方など、最近は、幅広いテーマを扱っている。『男と女の成長心理学

 

【画像】

※ fasphotographic / Shutterstock