ヤバッ…私友達いない!「大人女子のADHD」が与える人間関係の悪影響5つ

by 相馬佳 |

人間関係, , ,

あなたには今“本当の友達”といえる人が何人いますか?

世の中には大人数の人と広く浅く付き合う人もいれば、少人数の人と深く狭く付き合う人もいて、“友達が●人いればすごい”ということはナシ。でもふと気づくと「ハッ……友達がいない!」という場合、もしかしたら人付き合いに問題があるかも。

そこで今回は、海外の健康情報サイト『Health Central』の記事を参考に、人付き合いに悪影響を与えることもあるという“ADHD(注意欠如多動性障害)”の症状をご紹介します!

 

■1:約束が守れない

ADHDの症状として、“時間の感覚が薄い”ということがあるそうです。

5~10分程度なら目くじらを立てることもありませんし、「交通渋滞で遅れた」などという場合も仕方ないですが、理由もなく30分も40分も毎回のように平気で遅刻していては、友達も離れていってしまいますよね。

 

■2:人の話を聞かない

会話をしているとき、人の話を聞かず、いつも「私は~」「私なら~」と自分の話ばかりしてしまう人がいます。そんなことが続くと、「もうアノ人と話したくないな」と思ってしまうもの。

このように、会話が自分中心になりがちというのも、ADHDの症状の表れだそうです!

 

■3:自分に自信がない

ADHDの人は、さまざまなことに手を出し、それを終わらせられないことで自信を喪失する傾向があるそうです。

また『WooRis』の過去記事「落ち着きがない子だけじゃない…発見しにくい“女の子のADHD”特有の症状3つ」でご紹介したとおり、ADHDを持つ女性(女の子)は、自分を批判する傾向が強く、うつや摂食障害などを患うことがあるそうです。

 

■4:過剰反応する

何気なく言った一言に過剰反応して激昂したり、普通の状況なのにすぐ声を荒げたり、怒ったり泣いたり……と感情の起伏が激しすぎる人はお付き合いがしにくいもの。

ADHDの症状としてこのような感情の爆発が起こることもあるようです!

 

■5:考えずに発言する

うっかり発言をしてしまうことは誰にもありますが、いつも悪びれずに思ったことをそのまま口に出して相手を傷つける……という人もいますよね。

「正直な人なんだわ」と思っても、これも人付き合いの上で誤解されがちな行為であることは間違いありません。ADHDの人は、このように“深く考えないうっかり発言”が多いそうです。

 

いかがでしょうか? もちろん、“友達がいない”原因の全てがADHDであるわけではありませんし、上記のような項目が当てはまればADHDというわけでもないでしょう。

しかし、ふと気づくと「頼る人が誰もいなかった!」という状況は寂しいですよね。もし上記のような傾向に覚えがあるという場合、自分の人付き合いについてじっくり考え直してみるべきかもしれません。

また、上記に併せて“集中力がない”“始めたことを終わらせられない”など他にも典型的なADHDの症状がある場合、医師に相談する、集中力をつける訓練をするなどの対策をとることをお勧めします!

(ライター 相馬佳)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 牛乳飲んでてもNG…子どもの背がぐんぐん伸びる「意外な鉄則」とは

※ 7割がダイエットで貧乳に…!? 夫も思わずときめく「メリハリボディ」を叶える秘訣

※ 9割の女性が悩む!? 医師が注目する肌トラブル解消の驚きの美肌成分は母乳?

 

【関連記事】

※ 「心の病気」にも食生活が影響!鬱病を悪化させる食品と改善する食品

こんな行動は要注意!日常生活で見られる「大人のADHD」症状6つ

汗びっしょり…は危険サイン!気づきにくい「女性の心臓疾患」サイン4つ

 

 

【姉妹サイト】

※ 寝付きが悪くなる原因!? 「寝る前に歯を磨く」のが実はNGな理由

ストレスなく砂糖断食!オフィスに常備「ヘルシー間食フード」3つ

 

【参考】

Common Symptoms of ADD and ADHD in Women – Health Central

 

【画像】

※ Jochen Schoenfeld / Shutterstock