自分に自信を持てない子に育つ…ママのヒステリーが子どもに与える悪影響2つ

by 吉田和充 |

子育て, , ,

毎日の子育て、本当に大変ですよね。子どもは同じこと何度を言っても聞かないし、すぐ忘れてしまう。なので、ママとしてはついつい言葉も強くなってしまいますし、怒鳴ってしまうなんてこともあるでしょう。

ママも後で、「ちょっと言い過ぎたかな……?」なんて反省することもあるかと思いますが、子どもに対してあまりにもヒステリーを起こしまくっていると、あまりいい影響を与えないそうなのです。

そこで今回は、『WooRis』の過去記事「人間関係を上手く作れない子に育つ…わが子を怒鳴ってはいけない理由2つ」や、海外の情報サイト『The Indus Parent』などの記事を参考に、“ママのヒステリックな言動が子どもに与える悪影響”を2つご紹介します。

 

■1:自分に自信を持てない子に育ってしまう

年がら年中、ママに怒られていたり、ヒステリーを起こされたりしている子は“自己肯定感”が低い傾向があるようです。自己肯定感が低い子どもは、どうしても萎縮しがちです。

ママの言うことを全く聞かない上、口答えまでするとしても、やはり子どもがママから受ける影響は絶大です。ママとしっかりとした絆を作れており、いい関係が築けていることは非常に重要なのです。

というのは、ママとの関係を通じて、子どもは“自分に自信を持つ”ことができるからです。

そのためにも、ママはできるだけ子どもの話を聞くようにしてあげてください。子どもが何かした時に、ついヒステリーを起こして子どもの話を聞かなかったり、一方的に怒鳴ったりしてしまうこともあるでしょうが、それは絶対にNGです。

積極的に、子どもの話を聞いてあげることを心がけましょう。

 

■2:他人と上手に関係性が作れない子に育ってしまう

大人でも、ヒステリーを起こしてばかり、怒ってばかりでは、他人との関係を作るのが難しいですよね。自分だって、そうしたタイプの人とはあまり仲良くなりたいと思わないのではないでしょうか?

子どもは、親からの影響を強く受けます。ですから、他人に対しても、親からされた事と同じことをするようになるでしょう。すると、子どもだとしても、周りから嫌がられてしまいます。

いつも怒られてばかりの子どもは、「社会とどのように接していいのか?」「他人とどのような方法で関係を作ればいいのか?」が分からなくなってしまうのです。

結果、どんどん萎縮してしまいます。

まず子どもに対して、ヒステリーを起こすことをやめましょう。そして、何か子ども自身が問題を抱えていたら、一緒に解決する姿勢を見せてあげてください。勇気付けてあげてください。

これを続けていれば、徐々に子ども自身の他人との接し方も変わってくるでしょう。

 

以上、“ママのヒステリックな言動が子どもに与える悪影響”でしたが、いかがだったでしょうか? ママが思っている以上に、子どもはママの影響を受けています。

子どものためでもあり、ママ自身のためでもあります。感情的になって子どもにヒステリーを起こすのはできるだけやめましょう。

(ライター 吉田和充)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ ママ、きれいに撮ってね!「入学式で後悔しない」一眼カメラを選ぶ3つのポイント

※ 部屋干しが辛い!プロが語る主婦のお悩み「洗濯物の生乾き臭」の意外な原因

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

 

【関連記事】

※ 原因は親…!? 「暴力をふるう男の子」の親がつい言いがちな口ぐせ3つ

※ 仕事と子育てに忙殺…育児ストレスの「根本の原因3つ」とその解決法

※ ネット依存のママにありがち、不安がどんどん増す「子育ての落とし穴」3つ

 

【姉妹サイト】

※ ヤダ…仕事休めないのに!「風邪の気配」を感じたら即すべきこと4つ

※ 焼肉の食べ過ぎを「なかったこと」に!脂質を流す魔法の飲み物とは

 

【参考】

※ 8 reasons you should never yell at your children – The Indus Parent