ついてない原因は「邪気」?負の連鎖をストップする方法3つ

by MOE |

健康・病気,

「最近、ついてない」「何をやっても上手くいかない」そんな時期って誰もが経験ありますよね? そんな状態の時には、次から次へと悪い事が重なり、抜け出せなくなる悪循環にはまってしまいます。まさに“泣きっ面に蜂”の状態です。

皆さん、”邪気”という言葉は耳にした事はありますよね。 “邪気”は、ストレスや怒りを感じた際に、心身に蓄積し、悪影響を及ぼします。実は、「最近、ついてない」と思っている時には、この”邪気”が自分の心身に蓄積しているのです!

日本、香港、上海で有名なヒーラーのMOMOYOさんの協力の元、”邪気”を自分で簡単に浄化する方法をまとめたので、3つご紹介します。

 

■1:塩は邪気を払うが、使用方法を間違えると逆効果

(1)盛り塩

使用する塩はよく乾燥してサラサラとした物が良いという事です。場所はトイレ以外なら、どこでも大丈夫ですが、気を付けなければいけないポイントがあります。

塩は、邪気を吸収し、吸収しきると、固まります。その固まった塩を放置せずにすぐに”トイレに流す事”です。家の中のごみ箱に捨ててしまうと、吸収した邪気を再放出してしまいます。

(2)塩風呂

身体を洗った後に、塩風呂につかる事で体内の有害物質を解毒します。塩の浸透力によって塩分が体内に浸透し、活力を与えて、汚れた体液と共に、邪気を体外へ放出します。

 

2:”髪や足”には邪気が蓄積

邪気は基本的には、水で洗い流せるので、身体を洗う事が一番効果的だという事です。特に、”手足”や”髪の毛”を洗う事です。足は色々な場所を歩くので、そこから邪気が侵入しやすく、髪の毛には、邪気がこもりやすい場所なので、念入りに洗いましょう!

 

■3:”白”を着るだけで、邪気を反射

”白”という色は、浄化といった意味があり、心に溜まったネガティブな思いを洗い流してくれます。悪い気を祓い、体内エネルギーを満たす効果があります。また、自分にとって、悪い気を寄せ付けない作用があります。

セラピストは施術の際には、必ず”白”を着るようにします。クライアントは大抵、心身共に疲労状態の為、その疲労感を直接、肌に触れる事で、自分に悪い気が入ってきても、反射させてくれるので白を着用するのです。

逆に黒は全てを吸収してしまうので、心身共にマイナス状態の時には、黒を着る事は、避けた方が良いです。

 

以上が自宅で簡単にできる浄化方法です。昔から、日本だけではなく、世界中で塩や白の浄化方法は行われてきました。諸説ありますが、上記を参考に、いい運を呼び込んでくださいね。

 

【関連記事】

実は痛いだけ?SNSの美談に感動する人が嫌われる理由5つ

女性も自衛すべし!セクハラに遭いやすい人の特徴7個

ママ友コミュニティで孤立しちゃう嫌われ女の特徴8個

女の先輩から嫌われちゃう!「会社宴席」でのNGマナー

SNS疲れを助長?Facebookで人間関係が悪化する要因3つ

 

【参考】

Negativity Is Contagious,Study Finds – Science Daily 

Dynamic spread of happiness in a large social network: longitudinal analysis over  20 years in the Framingham Heart Study – BMJ

 

【取材協力】

※ MOMOYO・・・香港・上海・日本で活躍するヒーラー。ホリスティックカウンセラーや浄霊のスクールやセミナー(Healing Hasu)を開いている。有名人や著名人からも支持を得ている人気のヒーラー。