わが子が「不誠実な大人に育ってしまう」たったひとつのNG行為

by 吉田和充 |

子育て, , ,

毎日の子育て、何か気をつけていることはありますか? ママは、ちゃんとした大人になって欲しいと思って、ついつい子どもに色々と口やかましく注意してしまうこともありますよね。

もちろん、子どものためを思って言っていると思うのですが、ママのこうした行動も、度が過ぎてしまうと、今度は子どもが大きくなった時になんと“不誠実な大人”になってしまうというのです!

一体なぜ、ガミガミがわが子を“不誠実な大人”に育ててしまうのでしょうか?

そこで今回は、花まる学習会の高濱正伸さんの著書『お母さんのための“男の子”の育て方』や『WooRis』の過去記事を参考に、“ママがガミガミ言うと不誠実な子どもになってしまう理由”を紹介します。

 

■その場を取り繕うようになる

<子どもの頃に気をつけてほしいのは、こまごましたことを、お母さんがガミガミ言い続けないことです。ガミガミと、一つ一つの行動にダメ出しをされ、指摘され続けた子は、「今の今、波風さえたたなければいい」という感覚を心のなかに育んでしまうのです。>

こうしたこと、思い当たるママもいるのではないでしょうか? もしかしたら、自分が子どもだった時のことを思い出してみると良いかもしれません。

ママや、パパに怒られたくない、ガミガミ言われたくない、という思いから、とりあえずその場を収めようとして、ちょっとした嘘をついたり、ごまかしたりすることはなかったでしょうか?

子どもの時のこの感覚が、大人になっても抜けない、それどころかしっかりと、習性として定着してしまう場合もあるというのです。

あなたの周りにも、こんな大人はいないでしょうか?

 

■取り繕うのは自信のなさによる

<取り繕い癖がある人は、いろいろといいようにだけ、物事を報告してきます。会社では困るタイプの筆頭です。>

つまり、ママにガミガミ言われていた経験から、とりあえず何か問題があっても、その場を取り繕うために報告しなかったり、問題自体を放置してしまったり……。

こうしたことをやり続けてしまうので、結局、その後始末を会社の他の人がしなければならなくなったり、問題を放置してしまったために事が大きくなってしまったり。

これでは、やはり社会に出てからやっていけないですよね? そうした行動が、さらに自信をなくす結果につながってしまいます。

もちろん、こうした経験を社会に出てから幾つか経験することで、社会性を身につけていくこともあるでしょう。しかし、小さい頃からあまりにも細かいことをガミガミ言い続けると、子どもはそこから逃げたくなってしまうのです。

 

以上、“ママがガミガミ言うと不誠実な子どもになってしまう理由”でしたがいかがだったでしょうか? ママも、子どものためを思って言っているのだと思いますが、こうした弊害もあるようですから、あまり細かく注意しすぎるのも、やめたほうがいいかもしれません。

特に、男の子にガミガミ言ってしまうママが多いようです。気をつけましょうね!

(ライター 吉田和充)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ ママ、きれいに撮ってね!「入学式で後悔しない」一眼カメラを選ぶ3つのポイント

※ 「老け顔」の原因は髪!? 知らない人は損してるお役立ちヘアケア情報

※ 元ミスインターナショナルが大絶賛!お手軽スムージー「美女と野ジュース」が凄すぎる

 

【関連記事】

※ 原因は親…!? 「暴力をふるう男の子」の親がつい言いがちな口ぐせ3つ

 親が「良かれと思って」子どもに無理強いしがちなNG行為3つ

 子育てが楽になる「子ども視点育児」って知ってる?

 

【姉妹サイト】

※ 恐怖の「PTA役員決め」決戦!今年だけは…と断る働きママのNG言動

※ 心理学者の権威が伝授!夫婦円満になれる「たった1つの心構え」

 

【参考】

高濱正伸(2012)『お母さんのための「男の子」の育て方』(実務教育出版)

 

【画像】

※ pathdoc / Shutterstock