毎日3時間のテレビ視聴が「精子の数を44%減」にしてしまうと判明

by 坂本正敬 |

健康・病気, , ,

ご主人は週末になると、どのように過ごしていますか?

「朝からずっとテレビを見てゴロゴロ……」なんてことはないでしょうか? さらに平日も会社から帰ってきたら、ご飯を食べて寝るまでず~っとテレビを見ている、なんて場合は要注意。

実はテレビの視聴時間が1週間で20時間を超えると、男性の“精子の数”に影響すると分かったのです!

そこで今回は米ハーバード公衆衛生大学院の情報を基に、“テレビの見すぎによる精子の数の減少”についてまとめます。

 

■テレビの見すぎは精子の数を44%も減らす

テレビの見すぎは、あまりよくないイメージがありますよね? 『WooRis』の過去記事「肥満だけじゃない……言語発達にも!子どもの“テレビの長時間視聴”による悪影響」では、テレビの見すぎによる子どもに与える悪影響についてまとめましたが、実は大人にも悪い影響を与えます。

例えばそれは精子の数! ハーバード公衆衛生大学院の調べによって、テレビの見すぎが成人男性の精子の数に悪影響を与えると分かりました。

1週間で20時間以上テレビを見ると、なんと精子の数が44%も減ってしまうというのです。だからといって必ずしも不妊につながるわけではないと思いますが、子どもを授かろうと考えている夫婦の間ではちょっと気になる話ですよね?

 

■運動は逆に精子の数を73%もアップ!

ハーバード公衆衛生大学院が行った調査は以下の通り。同大学院の研究者たちは、2009年から2010年に行われた既存の調査に参加した若者189人(18歳から22歳)の精子を分析しました。

プラスして被験者が毎日どの程度の運動をしているか、どれくらいテレビを見ているか、食事・ストレス・喫煙の有無はどうか、などを調べました。

その結果、1週間で20時間以上のテレビを見ている男性は、ほとんどテレビを見ていない男性と比べて44%も精子の数が少なかったとか。

一方で、1週間のうちにそれなりの運動を15時間以上している男性は、5時間以下の男性と比べて精子の数が73%も多かったとも分かっています。

言い換えると、テレビの前でダラダラしている時間があるのなら、活動的に体を動かした方が精子の数は増えるということですね。

子どもを授かろうと考えているご家庭では、夫の家での過ごし方に注意したいですね!

 

以上、テレビを見すぎて運動不足に陥ると、精子の数が減ってしまうという話をしましたが、いかがでしたか? ぜひとも参考にしてみてくださいね。

(ライター 坂本正敬)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ 部屋干しが辛い!プロが語る主婦のお悩み「洗濯物の生乾き臭」の意外な原因

※ 7割がダイエットで貧乳に…!? 夫も思わずときめく「メリハリボディ」を叶える秘訣

 

【関連記事】

※ 喫煙者に朗報「ニコチンを体外に排出してくれる」食品3つ

「あれ?ウチの夫婦関係大丈夫」と思ったらまずやるべきチェックリスト3つ

ゲッ…コーヒーもNG?「二日酔いの朝」に飲んではいけない飲料と飲むべき飲料

 

 

【姉妹サイト】

まさか手遅れ…お宅は!? 「夫がドンドン離れていく」妻のNG行動3つ

マドンナや楊貴妃も愛用「スーパーフード・クコの実」のすごい力とは

 

【参考】

※ TV viewing, exercise habits may significantly affect sperm count – HARVARD T.H.CHAN SCHOOL OF PUBLIC HEALTH

 

【画像】

※ Andrey_Popov / Shutterstock