「子どものアレルギー患者数」が急増した意外な理由とは

by 大宮 つる |

子育て, , ,

突然ですが、皆さんは肌や食品のアレルギーを何かお持ちですか? お子さんのいる方は、我が子はどうでしょう?

1歳6か月・3歳時健康診査での医師の診察にもとづく全国調査によれば、この年齢層において、平成4年から平成13年にかけて“アトピー性皮膚炎”の有症率が1.5倍から2倍弱に増加している可能性を示唆する結果となったそうです。

昨今、このように乳幼児のアトピー性皮膚炎が増えていると言われますが、アトピーのみならずアレルギーをもつ子どもが増えている理由が一体何なのか気になりませんか? 日本人の体質変化や環境汚染……が原因なのでしょうか?

そこで今回は、医学博士の西原克成先生の著書『アレルギー体質は「口呼吸」が原因だった すぐできる実践版!』などを参考に、“子どものアトピーやアレルギー”が急増した意外すぎる理由をご紹介します。

 

■“生後5~6か月から離乳食開始”は、赤ちゃんにとって良くなかった!?

母子健康手帳や育児書などを見ると、離乳食の開始時期は“生後5~6か月ごろが適当”と書かれており、それを実践している方も少なくないですよね。

また、その頃から母乳を飲ませる量を減らし、卒乳のステップを考えている方もいらっしゃることと思います。

ところで、この生後半年ごろから離乳食を開始するというのは、1980年にアメリカから輸入された育児法(参考『スポック博士の育児書』)であることをご存知でしたか?

この育児法が日本で全面的に導入されて以降、何が起きたかといいますと……乳幼児のアトピー性皮膚炎や、小児ぜんそくなどが急増しているそうなんです!

 

■WHOでは“2歳かそれ以上”まで母乳を続けることを推奨

その一方でアメリカでは研究が進み、母乳育児の利点が見直され、なんと現在では、“母乳中心の育児法”が推奨されているんですって!

たとえば、米国小児科学会は、母乳育児期間が長くなればなるほど、子どもだけでなく母親にとっても、健康と発達における大きな利益がある旨を述べています。

またWHOでも、生後6ヵ月まで完全母乳育児を行い、その後は適切な食事を補いながら“2歳かそれ以上”まで母乳を続けることを推奨しています。

 

■未成熟な腸の赤ちゃんに、早くから離乳食を与えるリスク

日本人は、1980年にアメリカから輸入された育児法をアップデートしないまま、今も愚直に行っていることになりますよね。

それが結果的に、子どものアトピー性皮膚炎や小児ぜんそくを発症させるキッカケとなっていたら……?

西原先生によれば、授乳期間の赤ちゃんに早くから離乳食を与えるリスクをこう述べています。

<腸は食べ物を消化できないために緑便になり、においも臭くなります。

赤ちゃんの腸内細菌は、もともと九九パーセントが善玉菌であるビフィズス菌です。

(略)

離乳食、とくにタンパク質をひとたび与えると、腸の中は悪玉菌である大腸菌だらけになってしまいます。>

とのこと。ばい菌をストレートに腸が吸収してしまい、色々な病気を招くことになるのだとか……!

実際に、大人でも腸内環境が悪化すると、免疫力が低下し、アレルギー疾患や自己免疫疾患、ガンやうつ病などの病気を引き起こすことは、よく知られていますよね。

 

いかがでしたか? 赤ちゃんの腸は未成熟なので、いくらすりつぶしているからといって、大人と同じものを早期からあげるのはリスクがあるということを知っておきましょう。

赤ちゃんの便が緑色になっていたら、「消化できていない」と思うようにしてくださいね。ベストの色は黄金色のうんちだそうです! ご参考にしてみてください。

(ライター 大宮つる)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強~い味方とは

※ 周りの視線が痛い…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 忙しくてもすっぴん美人!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

 

【関連記事】

※ ママのストレス「子どものアレルギー」への理解の夫婦間の大きなギャップ

エッ…コレも?赤ちゃんの「離乳食に使ってはいけない」調味料3つ

小骨の危険だけじゃない!「赤ちゃんには避けたい」水銀濃度が高い魚3種類

 

【姉妹サイト】

マドンナや楊貴妃も愛用「スーパーフード・クコの実」のすごい力とは

見てたの…!? 「夫婦の険悪な空気」が子どもに与える悪影響5つ

 

【参考】

8月1日から1週間は世界母乳育児週間です – 公益社団法人 日本WHO協会

アトピー性皮膚炎(小児) – 厚生労働省

西原克成(2010)『アレルギー体質は「口呼吸」が原因だった すぐできる実践版!』(青春出版社)

 

【画像】

※ Goodluz / Shutterstock