フルーツ食べるだけで?あなたの夫の「EDを予防する」食べ物

by 坂本正敬 |

健康・病気, , ,

夫婦生活に大きな悪影響を与える“夫のED”。その原因はストレスや運動不足、飲酒や喫煙などさまざまあります。「まさに今うちの夫も……」と悩んでいる人もいるかもしれません。

『WooRis』の過去記事「ゲッ…毎日食べさせてる!あなたの夫の“EDがどんどん悪化する”NG食べ物」では、脂肪分の多い食品がEDを悪化してしまうとお伝えしました。

一方で、ある成分を含む身近なフルーツを口にするだけで、なんとEDを予防できるということが研究により分かったそうなんです!

そこで今回は英イーストアングリア大学やハーバード公衆衛生大学院の研究を基に、EDで悩む夫に積極的に食べさせたいフルーツを紹介します。

 

■精力剤より効果あり!? 男性の勃起不全はフルーツで予防

植物などに含まれる抗酸化物質の一種である“ポリフェノール”。太陽の光を浴びすぎても酸化ストレスで植物が枯れない理由は、ポリフェノールで自らを守っているからなのです。

ちなみにポリフェノールの一種がフラボノイド。よく耳にする、ブルーベリーやイチゴなどの青や赤色をしたフルーツに含まれている抗酸化物質のアントシアニンは、このフラボノイドの一種です。

英イーストアングリア大学やハーバード公衆衛生大学院の調べで、このフラボノイドが男性のEDを予防してくれると判明したそうなんです。

予防効果は男性が若いほど大きいとか。今まさに「子どもを授かりたい」と頑張っている夫婦には、耳寄りな情報ですよね。

 

■勃起不全リスクを21%予防する場合も

上述した英イーストアングリア大学などは、1986年までさかのぼって5万人以上の中年男性の健康状態や食生活などを調査しました。

EDに影響を与える肥満に関わる運動不足の有無、喫煙などの状況も考慮した上で分析すると、上述のフラボノイドを食品から多く口にしている男性ほど、EDになる危険性が低いと分かりました。

フラボノイドを多く含むフルーツを食べるだけで14%のリスク減。フルーツに運動がプラスされると、なんと21%もリスクが減るとされています!

フラボノイドは基本的にほとんどのフルーツ・野菜に含まれていますが、フラボノイドの中でも例えばアントシアニンを含む代表的なフルーツは、イチゴやブルーベリー、ブドウなど。

ちょっとつまむくらいの量でも効果が確認されているそうですから、忙しくて外食が続き、野菜が不足しているという夫には、フルーツを毎朝食べさせる習慣を身につけさせてみては?

 

以上、EDの予防に効果的な食べ物を紹介しましたが、いかがでしたか?

ED予防・改善のためには、運動不足や喫煙、過度の飲酒、ストレスの多い毎日を解消するとともに、フルーツの摂取も忘れさせないようにしたいですね。

(ライター 坂本正敬)

 

【Specialコンテンツ(PR)

母乳がお肌の救世主!? 医師が注目する驚きの美肌成分を試してみた

※ 元ミスインターナショナルに学ぶ!食事制限なしのお手軽スムージーダイエット

忙しい女性専用!「保湿と浸透」にこだわった究極の時短スキンケア

 

【関連記事】

※ 喫煙者に朗報「ニコチンを体外に排出してくれる」食品3つ

自宅のゴミから一目瞭然!「夫のEDがどんどん悪化する」家の特徴3つ

ゲッ…AV鑑賞も!? 「夫がEDになっちゃう」意外過ぎる原因3つ

 

【姉妹サイト】

※ 秘訣はこれ!? ラブラブな共働き夫婦は「アレを約4倍も使ってる」と判明

※ 食べる保湿クリーム!? 医師が教える「乾燥肌がプルンと潤う食べ物」

 

【参考】

Blueberries associated with reduced risk of erectile dysfunction – University of East Anglia

 

【画像】

※ x4wiz  / Shutterstock