歯科医は絶対にしない「NG歯磨き習慣」まとめ3つ

by 坂本正敬 |

健康・病気, , ,

ドラッグストアに行くと、いろいろなオーラルケアの商品が売られています。歯ブラシ1つをとってもかなりの種類がありますが、一体どうやって使いこなせば効果的なオーラルケアになるのでしょうか?

「正直、適当に選んでるよね……」という人も少なくないはず。そこで今回は『WooRis』の過去記事を基に、歯科医師への取材などで明らかになった“歯科医師ならやらないNGオーラルケア”を3つまとめたいと思います。

 

■1:マウスウォッシュを単体で使っている

最初のNGポイントは“マウスウォッシュの使い方”。マウスウォッシュとは口に含んで、お口の虫歯菌や歯周病菌を撃退する洗口液ですね。

ただこのマウスウォッシュ、『WooRis』の過去記事「その使い方じゃ意味なし!歯科医が指摘“マウスウォッシュ”NG使用法3つ」でも紹介した通り、そのまま使ってもプラーク(歯垢)の中に隠れている虫歯菌や歯周病菌を撃退できないんだとか。

そもそもプラークの中に隠れている細菌は、バイオフィルムというバリアに守られています。このバイオフィルムを正しい歯磨きで破壊して菌を露出させてからでないと、マウスウォッシュの成分は細菌に届かないのですね。

 

■2:歯磨きを歯ブラシ1本で済ませている

毛先がギザギザにカットされた“歯間まで磨ける”歯ブラシが売られていますよね。毛先が細くなった“歯周ポケットまで磨ける”歯ブラシもあります。「そうした歯ブラシ1本で丁寧に磨いていれば、とりあえず大丈夫でしょ」と思っている人はいませんか?

『WooRis』の過去記事「歯科医は絶対選ばない!実は“役に立たない歯ブラシ”の特徴3つ」「歯科医が警告!歯を失うリスクを高める“歯間汚れ”の危険性」をあわせてご覧ください。そうした歯ブラシでは、歯間の汚れも歯周ポケットの中も磨けません。

最も虫歯になりやすく歯周病にもなりやすい歯と歯の間は、専用の道具、例えばフロスや歯間ブラシを使わないと磨けないのです。

必要に応じて奥歯を磨く専用の道具、タフトブラシも歯並びが悪い人、親知らずが生えている人などは使わなければいけないはずです。

そうしたフロスなどは、欧米諸国の人と比べて圧倒的に日本では利用率が少ないといくつもの調査で分かっています。健康な歯と歯茎を高齢になっても守りたい人は、“絶対に”使いたいですね。

 

■3:歯磨き後に口をすすぎすぎている

最後は歯磨き後の話。体に悪い気がして念入りに口をすすいでいませんか? 実は『WooRis』の過去記事「歯磨き後に水ですすぎ過ぎると“歯が丈夫にならない”と判明」でも紹介した通り、口のすすぎすぎはNG。

これは、歯磨き粉などに含まれている“フッ素成分”が、すすぎすぎると口の外に流れ出てしまうからですね。

フッ素とは歯を丈夫にして虫歯を防いでくれる成分。口の中に0.05ppmの濃度で残すと、歯の再石灰化が期待できるそう。1cmほど出した歯磨き粉で磨いた後に、おちょこ2杯くらいの水ですすげば、ちょうどいい具合で残るとか。

慣れないと気持ち悪いかもしれませんが、大人の場合は口の中に歯磨き剤がちょっとくらい残っていても健康上のリスクはないそうです。妊娠中の方でも、フッ素は胎盤を通らないので問題ないとのことです。

 

以上、歯科医師が絶対にやらないNGオーラルケアを3つまとめましたが、いかがでしたか? せっかく時間をかけて手入れするなら、効果的にしたいですね。ぜひとも参考にしてみてください。

(ライター 坂本正敬)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ ダイエットをサボっている人必見!話題のジュースがスゴイ

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

短期間で-6.5kg!? 薬剤師が絶賛した効果の出る健康美痩せダイエット法とは

 

【関連記事】

磨きのプロが伝授!失敗しない歯磨き粉と歯ブラシの選び方

※ 栄養士は飲んでいる「細胞の老化」を防ぐ飲み物3つ

※ 8割の人が知らないと回答!専門家が警告する●●ドリンクの危険性

 

 

【姉妹サイト】

※ 食べる保湿クリーム!? 医師が教える「乾燥肌がプルンと潤う食べ物」

※ まさか手遅れ…お宅は!? 「夫がドンドン離れていく」妻のNG行動3つ

 

【画像】

※ kurhan / Shutterstock