お母さん…助けて!わが子のイジメに気づくべきサイン10個と親の対応策

by 大宮 つる |

子育て, , ,

総合探偵社スプラッシュ代表の今野裕幸さんによれば、探偵事務所への相談で一番多いのが不倫・浮気問題……次いで、“子どものいじめ問題”も非常に多いのだそうです。

いつ何時、わが子がいじめに巻き込まれるかわからない昨今。親として子どもを守るために、どういう行動をとるべきなのか把握しておきたいものですよね?

そこで今回は、子どものいじめ問題にも数多く対応している今野さんに、“我が子がいじめに遭っているかも?”と気づくサインと、いじめを知った後の正しい“親の対応策”をうかがってきました。

 

■“子どもがいじめられている?”と気づくサイン10個

「いじめを受けている子どもに現れるものとして、体調不良を訴えたり、精神的に不安定になったりすることなどが大きなサインと言えます。こういった変化は、ほぼどの子にも当てはまります」と、今野さんは言います。

具体的に、子どもがいじめを受けている時に現れるサインを10個教えていただきました。

(1)学校へ行きたがらない、学校行事を嫌がる、学校のことを話さない

(2)成績が下がる

(3)感情の起伏が激しくなる

(4)親に口答えをする、すぐにケンカになる

(5)食欲がなくなる

(6)ケガや服の汚れが見られる

(7)学用品や文具がなくなる、壊れる

(8)お金を欲しがる、親のお金を盗る

(9)スマホ、ケータイを持っている子は異様に気にする、または怯えて触ろうともしなくなる

(10)「僕がいなくなればいいの?」など、死や逃避をほのめかすことを言う

わが子に当てはまるものはありませんでしたか? 普段から、こういったサインが現れていないか、子どもの様子をよく観察するようにしましょう。

 

■“子どもがいじめられている”と知ったとき、親としての正しい対応は?

次に、子どもがいじめられていると知ったら、親としては何をするべきなのでしょうか?

「いじめの“証拠固め”と“人物特定”をすることが大切です。いじめの実態が分からないと担任の先生、学校、教育委員会、警察も動いてくれません」

証拠がない段階でいじめがある旨を伝えると、場合によってはモンスターペアレント扱いされてしまうケースも少なからずあるようですので、まずはしっかり証拠を集めるようにしましょう。

 

■証拠固めと人物特定……具体的には?

証拠を集めるといっても、具体的にはどうしたらいいのでしょうか?

(1)クラスメイトや友人の人物相関図、危害を加えている子の特定、関与している子の特定、具体的な被害状況が分かる音声や写真。特に、写真は、制服に穴が空いていたらその様子を撮影する。

(2)ケガをしていれば、その部分の撮影や医療機関での診察及び診断書の入手。

(3)SNS上であれば、端末そのものの画面を撮影する。

(4)罵声や罵倒であれば、その時の様子を録音するために、小型のICレコーダーを使って録音する(カバンや学用品などに忍ばせておく)。

なお、これらの情報収集は、お子さんに聞いたり協力をさせようとしたりすると、お子さん自身をさらに悩ませるキッカケになる場合もあるため、本人には分からないように進めるなどの配慮をする必要があるそうです。

 

以上、“いじめのサイン”と“親としての対応策”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

いじめ問題が起きた場合、誰でも慌ててしまうことと思います。一旦冷静になって、粛々と対応するようにしていきましょう。

また、探偵事務所でも相談にのってくれるところがありますので、力を借りることも検討してみてくださいね。

(ライター 大宮つる)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 忙しい女性の「ムダ毛処理」のコツ!自宅で本格光ケアを実感

※ 9割が効果を実感!辛い食事制限ナシの「青汁ダイエット」が話題

※ 「疲れが残りやすい」人にオススメ!毎朝のたった一つの習慣とは

 

【関連記事】

※ 無気力な子どもに育ってしまう「親の呪いのフレーズ」2つ

わが子がイジメの対象に…その時ママが絶対にやってはいけないNG行為3つ

夫婦喧嘩が我が子を「いじめの加害者」に!? 家庭内で起こる負のスパイラル

 

【姉妹サイト】

※ 恐怖の「PTA役員決め」決戦!今年だけは…と断る働きママのNG言動

※ ママチャリで8kg減の医師が伝授「痩せて美脚になる」自転車の乗り方

 

【取材協力】

※ 今野裕幸・・・元神奈川県警の叔父に感銘を受け、探偵の道へ。『総合探偵社スプラッシュ』の代表として、年間1,000人を超す男女の相談を受け、人間関係、家族の有り方を調査、指導中。著書に『彼のケータイ見る?見ない??動かぬ証拠、51の見つけ方』(三才ブックス)『浮気がバレる男、バレない女』(フォレスト出版)がある。BlogTwitter

 

【画像】

※ CristinaMuraca / Shutterstock