ギャ~出た!新築でも「ゴキブリがどんどん増える家」の特徴3つ

by 沖田かへ |

生活, , ,

日差しが暖かくなって、寒い冬の終わりを感じるようになってきました。

「気持ちのいい季節がやってきた!」と感じるのは人間だけではありません。そう、ゴキブリも同じように、過ごしやすくなってきたと感じているのです。

寒い季節にはあまりお目にかからなかったゴキブリも、暖かくなってくると遭遇の機会が増えてしまいます。

そこで今回は、2級建築士である筆者が“ゴキブリがどんどん増える家”の特徴を3つお伝えします。

 

■1:収納の換気ができていない家

「食器を出すときにしか開け閉めしていないし、食器棚にゴキブリはいないはず」と思っている人は要注意!

ゴキブリはわずかな隙間から侵入します。例えば、建てられたばかりの家に隙間がなくても、そこに家財が入ってくるとそれだけでわずかな隙間はできるのです。

同様に、あらゆる収納にも隙間はあります。そのため、閉じられたままでもゴキブリは出入り可能なのです。むしろ閉じられたままでは湿気が溜まり、ジメジメした場所が大好きなゴキブリにとっては快適空間……。収納の換気を行うことが、ゴキブリを住まわせないコツなのです。

食器棚や靴箱など、毎日30分ほど開けっ放しにしておくことが望ましいです。

 

■2:緑の多い家

家庭菜園をしていたり、観葉植物を家の中に置いている場合も要注意!

緑を置くことはいいことなのですが、鉢の裏は常に湿っているのでゴキブリにとっては住みやすい場所になります。

ゴキブリ対策には植物を置かないことが一番なのですが、置きたい方は常にゴキブリの温床になるという意識をもち、こまめに鉢裏に卵が付着していないかチェックしましょう。

 

■3:洗い物がシンクに溜まったままの家

「今日はもう疲れたし、洗い物は明日の朝に……」と言って、洗い物を次の日にまわしていると要注意!

ご存知のように、キッチンはゴキブリの温床。わずかな食材の破片も、ゴキブリにとってはごちそうです。

洗い物が残されたままの状態はもちろんのこと、排水口の網に洗いカスが残っているのもNG。食器を洗ったら、排水口の掃除もするようにしましょう。

ちなみにゴキブリは食材でなくても、水のある場所に発生しますので、シンクの水滴も拭き取っておくことをおすすめします。

 

いかがでしたでしょうか? 寒い冬も最近は気密性が増し、暖かい部屋を保つことでゴキブリにとっても快適な環境だったといえます。

住まわせてしまったからには……対策を打って、ゴキブリを増やさない家づくりに努めましょう!

(ライター 沖田かへ)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 部屋干しが辛い!プロが語る主婦のお悩み「洗濯物の生乾き臭」の意外な原因

※ 杉本彩の美肌の秘訣!「毛穴の黒ずみが消える」と話題のすごいクレンジング

※ メイク直しが激減!ありそうでなかった「顔専用」の制汗ジェル

 

【関連記事】

ウゲェ…寝ている時に口に!「ゴキブリを大繁殖させる」寝室の特徴4つ

いつのまにかポケットに…「ゴキブリを連れて帰るリスク」の高い行動3つ

あなたの家いくつ当てはまる?清潔でも「ゴキブリに侵入される家」特徴4つ

 

【姉妹サイト】

※ エッ石鹸も!? 雑菌ウジョウジョ…知らなきゃヤバい「コスメの消費期限」

※ 靴下は逆に体を冷やす!? 医師が教える「冷え対策アイテム」2つ