最近笑ってる?子どもの笑顔がない原因はなぜ母親にあるのか

by 吉田和充 |

子育て, , ,

子育て中のママのみなさん。子育ては365日24時間休みなし。もちろん、子どもの成長を間近で見られるのは嬉しいものですが、やっぱり疲れますよね。ましてや、ほぼ一人で子育てをしているママなら、なおさらですよね。

そんな育児に疲れているママは、ついつい子どもにもイライラしがち。これは、もう本当に仕方ないことかもしれません。

しかしやっぱり、ママがニコニコしていると子どもも嬉しいもの。自然とニコニコしていられることでしょう。

そこで今回は教育コンサルタント嶋津良智さんの著書『子どもが変わる怒らない子育て』を参考に、“ニコニコママになるためのとっておきの方法”をご紹介します。

 

■ママは自分の幸せを追求すること

<子どもの幸せは、親の幸せからはじまります。親が自分の幸せの形が何なのかわからないと、子どもに幸せとは何か、伝えることができません。>

こう言われると、ちょっとドキッとするママもいるのではないでしょうか? 大事なのは、親であるママの幸せだそうなんです。

もちろん、子どもと一緒にいることは楽しいでしょうし、最高の幸せを感じることかもしれません。

しかし、日々の子育てに追われていて、余裕がなくなってしまうこともありますよね? そんな時、つい怒りっぽくなったり、イライラしてしまったり。これらが、子どもの幸せを奪ってしまうというわけです。

 

■あえて自分の好きなことをする時間を作る

<子どもにとって“絵本”や“砂場遊び”などが心の栄養と言われていますが、おかあさんだって“自分が心地よいと思う時間”が心の栄養になるのです。>

例えば、お子さんが何人かいる場合、なかなかママが自分の好きなことをする時間を作るのは難しいですよね。家事を終えて、子どもが寝た時には、自分も疲れてすぐに寝てしまう、なんてことが多いのではないでしょうか。

でも、そこでちょっと夜更かししてでも、自分が好きなことをする時間を作ってみましょう。本を読む、DVDを観る、ちょっとお酒を飲む。そんな好きな時間を楽しむことが、ママの余裕につながります。その余裕がニコニコの表情につながり、子どもも幸せになれるというのです。

ママだからといって我慢せずに、逆に家族のためにも自分だけの時間を積極的に持つようにしましょう。

 

以上、“ニコニコママになるためのとっておきの方法”でしたがいかがだったでしょうか。ママが自分だけの時間を持つことには、全く罪悪感を感じる必要はないのです。

むしろ、家族のためにも積極的に作るようにしましょう。

(ライター 吉田和充)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ ダイエットをサボっている人必見!話題のジュースがスゴイ

※ あのガガ様も13kg減!? 結果にこだわる「低GIダイエット」成功の秘訣とは

 

【関連記事】

※ お母さん…助けて!わが子のイジメに気づくべきサイン10個と親の対応策

※ ママ気づいて!「わが子へのイライラの原因」は内面の期待と不安から

※ 毎朝わが子にイライラMAX「早くしなさい!」を口癖にしない為の対処法3つ

 

【姉妹サイト】

※ 恐怖の「PTA役員決め」決戦!今年だけは…と断る働きママのNG言動

※ ママチャリで8kg減の医師が伝授「痩せて美脚になる」自転車の乗り方

 

【参考】

嶋津良智(2013)『子どもが変わる怒らない子育て』(フォレスト出版)

 

【画像】

※ da161 / Shutterstock