突然のお葬儀に参列…意外と知らないNGな「お悔やみの言葉」3つ

by 大宮 つる |

生活, , ,

親戚や親しい方などの訃報を受け、葬儀に参列するといったケースが起こることもあるかと思います。ですが、こういった機会が頻繁にあるわけではないので、大人でもマナーに自信がないという方が実はほとんどですよね?

そんな中、なんとなく知っている“お悔やみの言葉”を伝えたら、気まずい空気に……「ヤバっ、私なにか変なこと言った?」とならないように、間違いのないお悔やみの言葉を知っておきたいもの。

そこで今回は、早井千代子さんの著書『冠婚葬祭 おつきあいとお金のマナー』などを参考に、うっかりじゃ済まされない“お悔やみの言葉”厳禁フレーズを3つご紹介します。

 

■NG1:“かえすがえす”“たびたび”などの重ね言葉

葬儀の場で絶対口にしてはいけない言葉の一つ、それが“重ね言葉”です

具体的には、

・かえすがえす

・たびたび

・重ね重ね

・くれぐれ

・しみじみ

などがあります。

重ね言葉は文字どおり“繰り返し”を意味し、これらの言葉を使うと、人の死が続くといった不吉な意味がこもってしまうため、使用は厳禁。

したがって、お悔やみの言葉をと思って「かえすがえすも残念です」「故人にはたびたびお世話になり……」などとは言わないように気をつけてくださいね。

 

■NG2:“死ぬ”“生きる”などの直接的な言葉

2つ目のNG言葉は、“死ぬ”“生きる”など人の生死に関係する直接的な表現です。

いざ言い換えようと思っても、すぐに浮かんでこず、ついうっかり直接的な表現になってしまうなんてこともあるかもしれません。そういった事態を避けるためにも、以下をご参考ください。

・死ぬ、死去、死亡……ご逝去、ご永眠

・生きている頃、ご生存中……お元気な頃、ご生前

間接的な表現を使った例文としては、

「○○様のご逝去(せいきょ)を知り、とても驚いております」

「○○様にはご生前、本当にお世話になりました」

などとなります。覚えておくと安心ですよね。

 

■NG3:他宗教の用語

「心よりご冥福をお祈りいたします」というお悔やみの言葉も一般的だと思います。

“ご冥福”のほか、“供養”“往生”“成仏”は仏教用語なので仏教・仏式の場合は問題ありませんが、神道やキリスト教の葬儀の場合は使えないので注意が必要です。

なお、キリスト教ではお悔やみの言葉は不要で、「安らかな眠りをお祈りいたします」といった故人の安寧を祈る形が一般的のようです。

また、神道では、「お悔やみ申し上げます」「ご愁傷さまでございます」が無難でしょう。

 

以上、“お悔やみの言葉”厳禁フレーズをご紹介しましたが、いかがでしたか?

宗教を問わず、無難なお悔やみの言葉としては、「この度はご愁傷さまでございます」かもしれませんね。声のトーンを下げて、心をこめてお伝えするようにしてくださいね。

いざという時に焦らないように、今のうちから正しいマナーを把握しておきましょう。ご参考にしてみてください。

(ライター 大宮つる)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 7割がダイエットで貧乳に…!? 夫も思わずときめく「メリハリボディ」を叶える秘訣

※ 9割の女性が悩む!? 医師が注目する肌トラブル解消の驚きの美肌成分は母乳?

※ たった5分でツヤ髪に!? 日本初上陸の話題のセルフヘアカラーを試してみた

 

【関連記事】

※ あぁ卑しいっ!一発で「ゲスな女性」認定されちゃう危険な振る舞い3つ

「病院のお見舞い」で絶対やってはいけない基本マナー5つ

ゲッ…こんな値段に!? 「突然の葬儀」でも慌てず失敗しない3つのコツ

 

【姉妹サイト】

※ 7.5時間以下は早死する!? 睡眠の名医が教える「最高の熟睡法」とは

※ プロが愛用!退勤時まで「リップが美しく持続する」アイテム3つ

 

【参考】

早井千代子(2013)『冠婚葬祭おつきあいとお金のマナー』(西東社)

 

【画像】

※ わたなべ りょう / PIXTA(ピクスタ)