食の細い子どもが「見違える程モリモリ食べる様になる」3つの秘訣

by 吉田和充 |

子育て, , ,

お子さんの食が細くて困っている、というママも少なくないのでは?

普段から食が細いせいか、なかなか大きくならない、すぐ疲れてしまう、あるいは偏食ばかりでお菓子しか食べない……こうした悩みを抱えているママもいると思います。

ママがあれこれ工夫して料理をしても、子どもが結局食べてくれないとガッカリですよね。

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『the Asian parent』などの記事を参考に、食の細いわが子を見違えるようにモリモリ食べる子にする方法を3つ紹介します。

 

■1:子どもがお腹が空いているサインを見極める

例えば、今、あなたの子どもがお腹が空いているかどうかわかりますか? あるいは、子どもがお腹が空いている時に出す、サインのようなものを知っていますか?

もちろん、ある程度大きくなれば、子どもが自分で「お腹が空いた!」と言ってくるでしょう。

しかし、食習慣が固まる前のまだ小さい頃は、はっきりと言えないことも多いと思います。

そんな時でも、子どもがお腹が空いているかいないかが分かると、食事をさせやすくなります。基本的にはお腹が空いている時に食事を摂るようにしていれば、自然と食も進むはずです。

 

■2:食卓をみんなで囲む

ママが料理をいくら工夫しても、なかなか偏食が直らない、全く食べようとしない。確かにこういう子どももいると思います。

そうした場合、食事の時間や空間を、子どもや家族にとって楽しいものにすることを意識してみてください。なぜか自然と食卓にみんなが集まってくるような雰囲気は理想的ですね。

常にこうした雰囲気の食卓があれば、徐々に子どもも食べることが好きになっていくことでしょう。

 

■3:規則正しい食事時間

食事の時間は極力、規則正しくしてください。特に子どもが小さい時は意識してください。食事の時間が規則正しいと、お腹が減る時間も決まってきますし、リズム正しく生活ができるようになります。

もちろん、おやつの時間も規則正しく、食事と食事の間隔が空いているタイミングで摂るようにしてください。あまり夕方遅くにおやつを食べてしまうと、夕食の時にはお腹がいっぱいになってしまったり、口の中におやつの甘さが残っていたりして、食事が進まないでしょう。

これは大人でも同じです。

おやつの時間も含めて、食事の時間は規則正しくするようにしてください。

 

以上、食の細いわが子を見違える様にモリモリ食べる子にする方法でしたが、いかがだったでしょうか? 子どもの偏食を直すには、もちろん調理方法や献立を工夫することも必要ですが、こうしたちょっとした工夫でも改善できることがあるかもしれません。

気になる人はさっそく試してみてください。

(ライター 吉田和充)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 誰でも簡単に「きれいな写真」が取れる!一眼カメラを選ぶ3つのポイント

※ 誰もが知ってる〇〇がお肌の救世主に? 医師が注目する驚きの美肌成分を試してみた

忙しいママ専用!「保湿と浸透」にこだわったコスパ抜群の時短スキンケア

 

【関連記事】

※ シャイな子どもに友達をいっぱい作る「ママの最高のアシスト」3つ

偏食がリスクをグッと高める!「糖尿病を疑うべき」危険な症状4つ

※ ついついやってない?「子どもを偏食にしてしまう」7つのNG習慣

 

 

【姉妹サイト】

※ 頭の良い子に育つ!働きママが「仕事の話を家庭に持ち込むべき」理由

※ 爪楊枝2本だけで!白菜やレタスの鮮度が驚くほど長持ちする裏技

 

【参考】

※ 6 must-know steps to raising healthy eaters – the Asian parent

 

【画像】

※ Larisa Lofitskaya / Shutterstock