ゲッ…アレルギーも?甘~い砂糖が子どもに引き起こす健康被害4つ

by 吉田和充 |

健康・病気, , ,

あなたは普段、お子さんに砂糖を食べさせていますか? さすがに砂糖だけを食べさせることは、あまりないかもしれませんが、実は日常的に食べる多くの食品に、意外と砂糖が含まれているのはあまり知られていないかもしれません。

例えば、ジュースやお菓子といったものは想像しやすいと思いますが、食パンやミルク、加工食品である冷凍ピザなどにも砂糖が含まれていることが多いのです!

こうした食べ物を通して、子どもは必要以上の砂糖を知らずに摂取してしまっていることがあります。そうであれば、砂糖が子どもに与える悪影響について、知っておきたいですよね?

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『Health Mind Bodies』などの記事を参考に、砂糖が子どもに与える健康への悪影響を4つご紹介します。

 

■1:虫歯

砂糖は歯にまつわる問題を引き起こす一番の原因です。

もし砂糖を食べた後に歯を磨かないで放っておくと、砂糖に集まってくる菌などが、歯の表面のエナメル質を溶かしてしまいます。

それによって虫歯や口臭、歯肉炎など、様々な問題の原因になります。食後は必ず歯を磨くようにしてください!

 

■2:肥満

肥満の大きな原因の一つは、やはり砂糖の摂りすぎです。肥満大国のアメリカでは、子どもや若者の肥満が非常に増えています。当然ながら、砂糖の摂りすぎが原因と考えられています。

肥満は、ご存知のように心臓病や、糖尿病、高血圧など様々な問題を引き起こします。特に炭酸飲料などの摂りすぎには十分に注意してください。

 

■3:糖尿病

そして、当然ながら糖尿病のリスクが高まります。

子どもの肥満が社会問題にまで発展しているアメリカでは、砂糖などの糖分の摂りすぎによる子どもの糖尿病の問題も深刻化しているようです。

ジャンクフードや炭酸飲料の飲み過ぎなどが原因として考えられますが、これらはまた、中毒性もあると指摘されています。日本でも食生活の欧米化が進む中で、当然、注意しなければならないことです。

 

■4:アレルギーを引き起こす

実は、糖分の摂りすぎは、体内の免疫の働きを弱めるとされています。

体内の免疫の働きが弱まってしまうことによって、今、問題になっているのが、子どものアレルギー増加の問題です。

もちろん、糖分の摂りすぎだけがアレルギーを引き起こす原因ではありませんが、一つの可能性としては考えられます。

糖分の摂りすぎが引き起こす問題として、認識しておきましょう。

 

以上、砂糖が子どもに与える健康への悪影響でしたがいかがだったでしょうか?

原材料をしっかりと確認するとともに、できれば子どもには手作りのものを。そして、炭酸飲料やジャンクフードなどは避けるようにした方が良いかもしれません。

いずれにせよ、砂糖の摂りすぎは避けましょう。

(ライター 吉田和充)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ ママ、きれいに撮ってね!「入学式で後悔しない」一眼カメラを選ぶ3つのポイント

※ 誰もが知ってる〇〇がお肌の救世主に? 医師が注目する驚きの美肌成分を試してみた

忙しいママ専用!「保湿と浸透」にこだわったコスパ抜群の時短スキンケア

 

【関連記事】

※ 「子どものアレルギー患者数」が急増した意外な理由とは

※ それ食べるの待った!不健康な「砂糖」の摂取をカットする秘訣4つ

※ タバコと同じくらい危険かも!? 砂糖が及ぼす「健康と美容の悪影響」4つ

 

【姉妹サイト】

※ 頭の良い子に育つ!働きママが「仕事の話を家庭に持ち込むべき」理由

※ え…白菜って冷凍できるの!? 栄養も味もキープする野菜&肉の冷凍テク

 

【参考】

※ 13 Reasons Why Sugar Is The Silent Killer In Your Children’s Health – Health Mind Bodies

 

【画像】

※ nuzza / Shutterstock