意外と知られていない!「根菜」を生で食べるメリット3つ

by 並木まき |

美容, , ,

食生活に気を遣っているのに、自分が考えているほどには栄養素を摂れていなかったら……! ちょっとガッカリしちゃいますよね?

今の季節は、“根菜”は旬となる最後の季節。あなたのご家庭では、今シーズンどのくらいの根菜を食べましたか?

食物繊維も豊富な“根菜”は、しっかりと栄養を摂取でき、体の調子を整える効果が期待できるにもかかわらず、レーベン販売が600名の主婦に実施した調査によると、若年層ほど食べている意識が少なく50代になるにつれ上がるのだそう……! これは、非常にもったいないことです。

そこで今回は、同調査を参考にフードアナリストの筆者が、根菜を積極的に毎日の料理に取り入れるべき納得のワケを3つご紹介しましょう。

 

■理由その1:栄養がとれる

大根はビタミンCやカリウムが豊富ですし、ニンジンは抗酸化作用を持つカロテンが多く含まれます。

また、食物繊維が多いごぼうやれんこんはお通じを良くする作用もあるといわれています。

美容面から必要な栄養素も、根菜を意識的に食べることでサプリなどを飲まなくともじゅうぶんに摂取することが可能なんです!

いうまでもなく、サプリだと特定の栄養素しかとれませんが、根菜を食べれば豊富な栄養素を一度に摂取できますよね。

 

■理由その2:料理しやすい

根菜は、他の野菜と比べて固いので、料理しにくいと思っている主婦もいるかもしれません。

ですが、煮たり茹でたりする方法以外に、生で食べるのにも適しているんです。

じつは、栄養素がもっとも多く含まれる状態が“生”。けれども、同調査では根菜を“生”で食べるひとはわずか8%にとどまったそう。

細かく切ってサラダにして、お気に入りのドレッシングをかければ、手軽に根菜を食べる習慣づくりが可能です。

ぜひ、今日から根菜サラダを意識してみては?

 

■理由その3:美容食になる

管理栄養士の岡田明子さんによると、前述のように、美肌や美白効果が期待できるビタミンCを多く含む大根などは、栄養素がそのまま含まれている状態の“生”で食べるのがオススメ。

その理由として、たとえば、大根に含まれるビタミンCやカリウムは、火や水で調理することで栄養の損失が起こることがあるからだそう。

これは他の野菜にも当てはまるんです。

アクが強くてかたいごぼうも、新ごぼうならアクが弱くて水にさらしてアク抜きする必要もないので、栄養素が含まれている状態を保つことができるとされています。

“理由2”でご紹介したように、根菜サラダなら“生”で食べられますから、美容面でも嬉しい効果がありそうです。

 

いかがでしょうか?

根菜は、旬の時期には安価で手にはいるメリットもありますから、家計にも優しい美容食になりますよね!

調理が面倒だと感じていた方は、ぜひ“生食”を意識してみると簡単なのではないでしょうか。

(ライター 並木まき)

 

【Specialコンテンツ(PR)

我慢するダイエットはNG!元ミスインターナショナルに学ぶ食事制限なしの健康ダイエット

※ 誰もが知ってる〇〇がお肌の救世主に? 医師が注目する驚きの美肌成分を試してみた

時短かつ高品質!? 忙しい女性のための「保湿と浸透」にこだわったスキンケア

 

【関連記事】

※ 栄養士は飲んでいる「細胞の老化」を防ぐ飲み物3つ

※ 毎日頭イタ~い!偏頭痛に悩む人が改善したい生活習慣2つ

※ わが子の将来の「モテ」と深~い関係のある意外なスキルとは

 

【姉妹サイト】

※ えっ…その食べ方は危険!? 知らないとヤバい栄養満点「バナナ」の盲点

※ え…白菜って冷凍できるの!? 栄養も味もキープする野菜&肉の冷凍テク

 

【参考】

“根菜”に関する意識調査 – レーベン販売

 

【画像】

※ iceink / Shutterstock