イメージ健康的だけど…実は不健康を招くリスクの高い食べ物3つ

by 吉田和充 |

健康・病気, , ,

みなさんは、普段から健康のために食べ物を気にしていますでしょうか? 健康のために、食生活は非常に大事です。

特に最近は食品偽装の問題や、賞味期限の問題、さらには原産地表示の問題など、食の安心安全には注目が高まっているので、気にしている人も多いかと思います。

しかし、一見、健康に良いと思われる食べ物であっても、実はもしかしたら健康に良くないかもしれい食べ物があるというのです。

そこで今回は『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『4AllMindsAndBodies』などの記事を参考に、“健康に良いと思われているけど実は怖い食べ物”3つを紹介します。

普段、何気なく食べていないか、さっそくチェックしてみてください。

 

■1:マグロの握り

普段、お寿司屋さんで食べるお寿司は、日本人であっても格別ですよね。その中でもマグロの握り、なんて最高の贅沢ではないでしょうか?

特に海外では、カロリーも低くヘルシーな日本食の代表と考えられていますが、実はここでちょっと気にしておきたいことがあります。

マグロなどの大型の回遊魚は、海の中での食物連鎖のいわば頂点に存在する魚です。そして、近年では、このマグロから水銀などの有害物質が検出されることがあります。

健康のため、と思って食べているとしたら、思わぬ落とし穴があるかもしれません。

 

■2:エナジーバー

時間がないので朝食代わりにしたり、忙しい仕事中のランチ代わりに手軽に取れたりするエナジーバー。それ一本で、栄養も取れるし、腹持ちも良いので重宝している人もいるかも知れません。

しかし、このエナジーバー、結構カロリーが高いことをご存知ですか? もし、健康やダイエットのことを考えて食べている、という人がいたら、ちょっと待ってください。

エナジーバー1本でおよそ500キロカロリー含まれているものもありますので、しっかりと覚えておきましょう。

 

■3:ローファットヨーグルト

健康のためにヨーグルトを食べるのであれば、ダイエットのことを考えて低脂肪のものを、と考えますよね。

しかし、これも気をつけてください。ローファットヨーグルトであっても糖分が含まれていないというわけではありません。

糖分はしっかり含まれているはずです。

 

以上、“健康に良いと思われているけど実は怖い食べ物”でしたがいかがだったでしょうか? あまり知らないで、普段健康のために食べているリスクがあります。

健康のためにも、普段から自分や家族が食べているものがどういったものなのか、しっかりと認識しておきましょう。

(ライター 吉田和充)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ たまの夫婦デートでも安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強~い味方とは

※ あのガガ様も13kg減!? 結果にこだわる「低GIダイエット」成功の秘訣とは

※ 夫がそっけない理由は「すっぴん肌」!?  話題の自然派化粧品で夫婦も円満に

 

【関連記事】

※ 毎日10欠片のくるみで-10%減量!ガン予防にもなる「くるみの好影響」2つ

※ あの健康食品もNG!? お腹の調子が悪くなる危険な食べ物15個

※ 普段よく食べるけど実は食中毒になりやすい「危険な食べ物」

 

【姉妹サイト】

※ えっ…その食べ方は危険!? 知らないとヤバい栄養満点「バナナ」の盲点

※ 医師が太鼓判!便秘やむくみにも効く「花粉症ブロック食材」とは

 

【参考】

15 Healthy Food that Turned Out To Be Unhealthy – 4AllMindsAndBodies

 

【画像】

※ meaofoto / Shutterstock