お宅は大丈夫?ドンドン夫婦仲がヤバくなる「危険な住まい」の特徴3つ

by 並木まき |

人間関係, , ,

住む家によって、夫婦仲に影響が出てくるとしたら……。夫婦仲が悪くなる家には、誰しもが住みたくないですよね。

でも、あまり深く考えずに住まいを選んでしまうと、気づいたら夫婦間に亀裂が入りまくるケースも、現実にはあるんです。

あなたが今、暮らしている家は大丈夫そうですか?

そこで今回は、宅地建物取引士の有資格者であり8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、ドンドン夫婦仲がヤバくなる危険すぎる住まいの特徴を3つお伝えします。

 

■1:不公平感がある家や居間が汚い家

『WooRis』の過去記事「お~怖っ!円満夫婦は住まない“どんどん不仲になるダメ家”の特徴2つ」では、リビングが汚かったり、夫だけあるいは妻だけに自室があるように公平感がなかったりする家は不仲に陥りやすい特徴をお伝えしました。

家は生活の場ですから、不快に感じたり不公平に思ったりする場所になってしまうと、パートナーへの愛情にも影響が出るようです。

 

■2:二世帯住宅ではなく姑との同居を選択した家

同居するまでは夫婦仲に問題がなかったのに、お姑さんと同居した途端に夫婦仲が冷えてきた……というのもよくある話。

これは、嫁姑問題がぼっ発したときに、姑の息子である嫁の夫が板挟みになることから、嫁の不満を汲み取って姑の嫁いびりをやめさせるのが意外と難しいことや、嫁と姑の生活習慣や価値観の違いを調整しきれないことから起きてくるよう。

息子夫婦と姑たちとのプライベートが仕切られない“同居スタイル”を選択すると、ドンドン夫婦仲が悪くなるカップルも少なくないんです。お姑さんとうまくいけば問題ないのですが……。

 

■3:日当たりが悪くニオう家

日当たりがイイ家に住んだほうが、気持ちが明るくなる上に清潔感を保ちやすいもの。

日当たりが悪い家だと、空気を入れ替えてもどこか湿気でジメジメした空間になりやすいんです。湿気の強い家だと、生ゴミやペットなど強いニオイがよりストロングになりがち。

家族を癒すための“住まい”なのに、不快なニオイが四六時中漂っている空間になってしまえば、イライラしてドンドン夫婦仲が冷えてくるケースもあるようです。

 

いかがですか?

住んでいる環境によって、夫婦仲にも影響が出るなんてコワイですよね。

お宅は、大丈夫そうですか? 今の住まいに問題がなくとも、お引越しを検討するときにはぜひ意識してみてください。

(ライター 並木まき)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 短期間で-6.5kg!? 薬剤師が絶賛した効果の出る健康美痩せダイエット法とは

外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強~い味方とは

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【関連記事】

※ うわ…やっぱり!セックスレスは「浮気の引き金」になると判明

※ なんと…2人に1人の夫が「妻の実家」に抱いている衝撃的すぎるホンネ

※ ゲッ…わが家!? 住んでるだけで「夫婦仲が冷えてくる」危険な家の特徴3つ

 

【姉妹サイト】

※ まさか手遅れ…お宅は!? 「夫がドンドン離れていく」妻のNG行動3つ

※ 結婚後に男が無口になる理由が判明!夫婦の会話が弾む超簡単なコツ

 

【画像】

※ LuckyImages / Shutterstock