女の秘密ケア!なんと8割の女性が「していない派」な体のあのパーツ

by 並木まき |

美容, , ,

主婦になったり子どもができたりすると、今までよりも美的ケアがおろそかになっちゃう女性もいますよね。

ですが、まるで“女”をやめたかのようなだらしないケアを続けていると、夫から女性として見てもらえなくなる……、というのはよく聞く話です。

とくに、ボディのケアを怠っていたせいで、夫がゲンナリして“セックスレス”に陥ってしまっては、残念ですよね!

この度、美容メーカーのリベルタのリサーチによって、なんと76%もの女性がケアしていない“盲点になっている体のパーツ”が明らかに! あなたも、ウッカリしていて夫に見られてしまっては残念すぎます。

さっそく、時短美容家の筆者が、夫婦仲にも影響しかねない、ケアを怠りがちな残念パーツの実態をお伝えします!

 

■76%がケアを怠っているパーツ

ズバリ、「ワキの黒ずみケアしていますか?」と質問をしたところ、「していない」がもっとも多く76%にも達したそう。

次いで「セルフでのケア(をしている)」が14%、「クリニック、サロンでのケア」が10%という結果に。

なんと、5人に4人もの女性が“ワキの黒ずみケア”を一切していないという残念な事態が明らかになったんです!

でも、これからノースリーブや半袖を着る季節がきますし、夫とのラブタイムにもワキって意外と見られるパーツなのでは?

黒ずみやポツポツを放置していたら、残念妻のレッテルを貼られかねません……。

 

■黒ずみの原因

では、そもそもワキの黒ずみってなぜ起きるのでしょうか?

その原因として、ひとつはメラニン色素の沈着、もうひとつは皮脂や古い角質汚れなどによる毛穴の詰まりが挙げられるそう。

また、ワキは洋服の摩擦や制汗剤、カミソリでのムダ毛処理などで受ける物理的刺激も多く、肌の中でも負担がかかりやすいという現実も。

そして、刺激を受けることで、ワキ肌表面の角質が硬くなり、肌のターンオーバーが遅れます。

その結果、毛穴には、古い角質に汗や皮脂、制汗剤などの汚れが混じり合って詰まってしまい、黒ずんで見えるのだとか……。

つまり、ワキケアは時間とともに黒ずみが出やすく、アンチエイジングケアが欠かせないパーツなんです!

 

■60%が知らないワキのケア法

でも、どんな風にお手入れしたらイイのかよくわからない女性も多いですよね?

同調査でも、ケアしていない理由は「方法がわからない」という方がダントツで多く60%に達しています。

でも、黒ずみの原因はハッキリしていますから、お手入れは次の2点を意識するだけでOKなんです!

(1)ワキへの負担を減らす

(2)顔と同じように“美白ケア”を意識する

黒ずみはメラニンも関係しているので、メラニンの生成を抑えシミやソバカスを防ぐ効果をうたっているコスメを併用してみるのも一案です。

ワキのせいで、夫にガッカリされちゃったらセックスレスだって招きかねません。

よく、「デコルテまでは顔の一部」と言いますけれど、「ワキも顔の一部!」くらいにケアを怠らないことが、レスの予防策にもなりそうです。

 

いかがでしょう?

ワキのケアが盲点になっていた方は、ぜひ今日からケアを開始してみてはいかがでしょうか。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ スキンケアしても無駄になる!? 「老け顔」をもたらす要注意な食品8種

※ 老けたよね…って噂されちゃう「オバ認定パーツ」2位ほうれい線、1位は?

※ 既婚男性が告白「レスの原因」になる妻の言動、2位ヒステリックを超える1位は?

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ 部屋干しが辛い!プロが語る主婦のお悩み「洗濯物の生乾き臭」の意外な原因

※ 7割がダイエットで貧乳に…!? 夫も思わずときめく「メリハリボディ」を叶える秘訣

 

【姉妹サイト】

※ 食べる保湿クリーム!? 医師が教える「乾燥肌がプルンと潤う食べ物」

※ メイク落とさず寝るよりヤバイ!34%しか出来ていない「脱老け顔」対策

 

【参考】

体に関する意識調査 – リベルタ

 

【画像】

※ Sheftsoff Stock Photo / Shutterstock