えっ…これだけで?「子どもの国語力」をグングン伸ばす秘訣

by 吉田和充 |

子育て, , ,

突然ですが、みなさんはお子さんの国語力を伸ばす努力をしていますか? 国語力はすべての学力の基礎となるので、実は非常に大事な能力なのです。

確かに、日本語の文章が分からなければ、算数の問題が理解できないこともありますよね。

では、国語力を伸ばすために、ママは何をするとよいのでしょうか? 実は子どもの国語力は、とっても簡単な方法で伸ばすことができるのです!

そこで今回は『WooRis』の過去記事や、花まる学習会代表の高濱正伸さんの著書『国語の力を親が伸ばす』を参考に、“子どもの国語力がグングン伸びる秘訣”を紹介します。

 

■親の指導でテストの点数を上げるのには限界がある

<親としては、直接テストの点数を上げるような指導をするには限界があります。しかし、学力の土台としての国語力を底上げするには、経験とそれを言葉で表現させることの積み重ねが何よりも効果的なのです。>

これは普段から親子の会話の中で、子どもの国語力を上げる方法として語られています。

例えば、その日にあった出来事を子どもに話してもらう。そして事実だけではなく、その時にどう思ったか、何を感じたのか、などを子どもに話してもらうようにします。

これを繰り返すだけで、実は子どもの国語力がアップするといいます。

 

■何よりも大事なのは子どもの話を聞くこと

そして、この時に何よりも大事のは、ママは子どもの話をしっかりと聞くこと。適当に流すのではなく、きちんと聞いてあげることが大切だというのです。

逆に言うと、ママは子どもの話を聞いてあげるだけでよいのです。

<親は、「そうか、そうか、そうなんだ」と言って、ただ聞いてあげるだけでいいのです。>

子どもは、考えながら話をすることが多いので、同じことを何度も言ったり、話の時間軸が合っていなかったり、あっちこっちに話しが飛ぶ、なんてこともよくありますよね。

でも、こういう時でもじっくりと耳を傾けて、理解してあげることが大事だというのです。決して、話の先を焦らせたり、先回りして親が話したりしてしまうことのないように気をつけなければなりません。

このようなことが苦手なママもいるのではないでしょうか?

これは結果的に、子どもが考えるのを止めてしまうことになりますよね。だからこそ、ママが話を聞いてあげることが非常に大切なのです。

 

以上、“子どもの国語力がグングン伸びる秘訣”でしたが、いかがだったでしょうか? 忙しいママにとっては、ゆっくりと落ち着いて子どもの話を聞くのがなかなかできないという人もいるかもしれません。

しかし、ただ“じっくりと聞くだけ”という簡単な方法です。焦らずにじっくり聞いてあげましょう。子どもの国語力が上がるとともに、会話もしっかり楽しめるようになりますよ。

(ライター 吉田和充)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ ママ、きれいに撮ってね!「入学式で後悔しない」一眼カメラを選ぶ3つのポイント

※ 誰もが知ってる〇〇がお肌の救世主に? 医師が注目する驚きの美肌成分を試してみた

忙しいママ専用!「保湿と浸透」にこだわったコスパ抜群の時短スキンケア

 

【関連記事】

※ あなたの子どもを「本好きに育てる」3つのタイミング

※ やみくもな「アニメや漫画の禁止」は子どもの国語力を低下させる!?

※ わが子の学力がグングン上がる「本棚の作り方」のポイント3つ

 

【姉妹サイト】

※ 見てたの…!? 「夫婦の険悪な空気」が子どもに与える悪影響5つ

※ 昔の写真を見るだけ!? 食欲を抑えて太りにくい体が手に入る簡単テク

 

【参考】

※ 高濱正伸(2010)『国語の力を親が伸ばす』(カンゼン)

 

【画像】

※ Creativa Images / Shutterstock