30女の内緒ゴト…「女性の薄毛」を防げる3つの習慣

by 吉田和充 |

美容, , ,

「自分の髪が薄くなっているのでは……?」と不安に感じたことはないでしょうか。薄毛は男性の問題と思われがちですが、実は女性でも薄毛で悩んでいる人も多いようです。

女性の薄毛問題は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌と関連していることが多いようで、その分泌量のピークは、一般的には28歳頃とされています。

その辺りを境に分泌量も減ってくるので、薄毛で悩んでいる女性は30代や40代でもいるといわれています。

そこで今回は、『WooRis』の過去記事や海外の情報サイト『HEALTHY PANDA』などの記事を参考に、“女性の薄毛を密かに防ぐことができる3つの習慣”を紹介します。

最近薄毛が気になる方は、さっそくチェックしてみてください。

 

■1:亜鉛を多く摂る

亜鉛が不足していると、髪の量がドンドン減っていってしまうと言われています。亜鉛を摂ることで、体内で髪の毛の成長を促すたんぱく質を作ることができるのです。

また、男性の薄毛に関係していると言われているテストステロンの分泌量を調整する機能もあります。

亜鉛が豊富に含まれている食べ物としては、牡蠣、ほうれん草、ナッツ、カボチャ、鶏肉、豚肉などがあります。

亜鉛の積極的な摂取を心がけてください。

 

■2:ストレスを溜めない

女性の薄毛の問題は、やはり普段のストレスも関係しているようです。ストレスが女性の体全体に与えるマイナスの影響は、もちろん頭髪にも。

普段からエクササイズをする、好きな映画を見てリラックスする、気分転換する、健康的な食生活を意識するなどして普段の生活からストレスを追い出しましょう。

薄毛にはストレスも敵なのです。

 

■3:ヘアケアでオーガニック製品を使う

シャンプーやリンス、そのほか整髪料、トリートメント。はたまた美容室でのパーマや、脱色やカラーリングなど、現代の生活では、髪の毛を無意識のうちにいじめていることが非常に多いのです。

おそらく、これらの中には化学物質を多く含んでいる薬品もあるのではないかと思います。できるだけオーガニックなものや、自然由来の成分のものを使用することを意識してみてください。

長年に渡る、こうした化学物質を多く含んだ薬品の使用は、知らず知らずのうちに髪にダメージを与えているのです。

薄毛に気づいてショックを受ける前に、ぜひ気にしてみてください。

 

以上、“女性の薄毛を密かに防ぐことができる3つの習慣”でしたがいかがだったでしょうか? まずは、普段の生活でこんなことに気をつけてください。

女性の薄毛には様々な原因が複合的に絡んでいることも多いようですので、気になる方はぜひ、専門家へ相談されることをおすすめします。

(ライター 吉田和充)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ そのノンシリコン、大丈夫!? 意外と知らない「シャンプー」の基礎知識

72kgが51kgに?成功者続出の「裏技ダイエット」

時短だけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

 

【関連記事】

※ エッ…白髪も減るの?美容師が伝授、美しい髪をつくる「ヘアブラシの選び方」

※ 原液は頭皮につけちゃダメ!薄毛をまねく「NGシャンプー方法」4つ

※ ヤバっ…減ってる!? 「女性の薄毛」をどんどん悪化させるヘアスタイル4つ

 

 

【姉妹サイト】

※ 朝の11分で寿命が2年延びる!? 老化防止の「通勤ウォーキング」習慣

※ テレビマンが暴露!グルメ情報はテレビより雑誌をチェックすべき

 

【参考】

※ 7 Natural ways to stop hair loss – HEALTHY PANDA

 

【画像】

※ Vladimir Gjorgiev / Shutterstock