ゲッ…住んでるし!人気絶大なのに「子育てには不人気の街」3つ

by 並木まき |

子育て, , ,

住まいの環境は、人生の満足度に直結しますよね。

だからこそ、「評判のイイ街でトレンディな生活を送りたい!」と考えている家族もいることでしょう。

ですが、シングルやDINKS(ディンクス・子どものいない共働き夫婦)には「住みやすい!」と評判のエリアでも、子どものいるファミリー世帯には「ちょっと住みにくいかな……」って感じちゃうエリアもあるんです!

この度、リクルート住まいカンパニーの不動産・住宅情報サイト『SUUMO』が計3,996人から回答を得た調査によって、シングル世帯やDINKS世帯には満足度が高くても、子育て中のファミリー世帯にはビミョ~なエリアが明らかに!

さっそく、みんなが「住みたい!」と思う憧れの街のはずなのに、ファミリー世帯にはそんなに人気がないエリアを3つ、宅地建物取引士有資格者の筆者がお伝えします。

 

■1:恵比寿

同調査で、関東エリアの「住みたい街(駅)ランキング」で総合1位を獲得したのは“恵比寿”でした。

ところが、ファミリー世帯だけの回答を分析してみると、なんと4位まで下がってトップ3圏外になっています。

恵比寿は、高級感があってオシャレなエリアというイメージが強い反面、デートスポットだったり商業施設が多かったりして子育てには向いていない……、と思うパパやママもいるのかも。

オシャレなエリアには人もたくさん集まるので、子どもがのびのびと遊べる環境を探すのが難しくなるのも理由のひとつかもしれません。

 

■2:横浜

また、“横浜”も総合ランキングでは3位なのに、子育て世帯だけで見てみると6位という、ファミリー層にはイマイチ人気のないエリアでした。

ベイエリアとしてオシャレかつ歴史のある素敵なエリアですけれど、乗り入れている路線も多く、人の出入りが多いイメージもありますよね。

利便性が高いエリアは人ごみのせいでわさわさとした環境になりがちです。ファミリー層にとっては、子どもを塾や習いごとに通わせるのにも心配が多くなるかもしれません。

 

■3:池袋

さらに、“池袋“も全体では人気があるけれども、ファミリー層には不人気なエリアになっています。

同ランキングの総合順位は7位となっている一方、ファミリー層では14位とトップ10圏外に!

池袋エリアは、都内でも屈指の繁華街。深夜までアルコールを提供するお店や、“夜の街”としても有名な場所ですよね。

眠らない街でもある繁華街で子育てをするのは、教育上の課題を感じて避けるパパやママもいそうです。

 

■オシャレや利便性よりも子育ての不安が少ないエリアを

一般的には人気があるエリアでも子育て世代にはあまり人気がない場所には、それなりの理由があるものです。

どんなにオシャレな街だったとしても、子育てがしにくいと、ファミリー層には不便ですよね。

子育て中には、オシャレや利便性よりも“子どもがのびのびと育つ環境”を選んだほうが賢明かもしれません。

“憧れだから”“オシャレだから”という理由で住まいを選ぶよりも、少し不便だとしても、郊外で暮らしたほうが、子育て環境への不安が減って満足度の上がるファミリーも実際には多いんですよ。

 

いかがでしょう?

あなたが今、住んでいるところは子育てに適している環境だと胸を張って言えますか?

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ はぁ~萎える…「セックスレスを招く」ヤバイ寝室の特徴4つ

※ お宅は大丈夫?宅建主任者が教える「子育てが失敗しやすい」家のNG特徴3つ

※ いたってシンプル!「お金持ちになるための部屋作り」4つの秘訣

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ 部屋干しが辛い!プロが語る主婦のお悩み「洗濯物の生乾き臭」の意外な原因

※ 7割がダイエットで貧乳に…!? 夫も思わずときめく「メリハリボディ」を叶える秘訣

 

【姉妹サイト】

※ 「完売御礼」に焦っちゃダメ!マンション購入時に知っておきたい1つのこと

※ 汚部屋は太るとの研究発表!片付けで痩せた勝間和代の「断捨離テク」

 

【参考】

※ 2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版 – リクルート住まいカンパニー 不動産・住宅情報サイト『SUUMO』調べ

 

【画像】

※ Jozef Sowa / Shutterstock