それ本当に「ミネラルウォーター」?農水省が定める4分類とは

by 望月理恵子 |

生活, , ,

水分補給にミネラルウォーターを活用している人は多くいますよね。今や何種類もの飲料水がコンビニやスーパーで販売されています。

しかし、あなたが手にとったものは本当にミネラルウォーターでしょうか!?

実は、市販されている水にはいくつか種類があります。近年は水道水よりもペットボトルで常飲している人が多い水。今回は、正しくミネラルウォーターを選べるよう、管理栄養士の筆者がご紹介します。

 

■ペットボトルで販売されていてもミネラルウォーターではないことも

ペットボトルに入っているお水=ミネラルウォーターと思っている人も多いようですが、実は違います。

農林水産省の『ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン』によると、飲料水を容器に詰めたもので、炭酸飲料(人工的に炭酸を加えたもの)以外が、ミネラルウォーターの仲間(ミネラルウォーター類)とされていて、同省の基準では、採水した水の種類、処理方法により4つに分けられています。

ミネラルがどれくらい含まれていなければならないという規定がないので、ミネラル成分がほぼ含まれていない水でもミネラルウォーター類に分類されることもありますのでご注意を!

 

■市販されている水の種類とは

(1)ボトルドウォーター、飲用水

飲用できる水(水道水含む)。処理方法は特に規定されていない。

(2)ナチュラルウォーター

特定の水源から採水された地下水のみ。処理方法は、濾過、沈殿、加熱殺菌以外の処理をしないもの。

(3)ナチュラルミネラルウォーター

特定の水源から採水された地下水でミネラル成分が溶け込んだもの。処理方法は、濾過、沈殿、加熱殺菌以外の処理をしないもの。

(4)ミネラルウォーター

何種類かのナチュラルミネラルウォーターを混合したもの。ナチュラルミネラルウォーターのミネラル分を人工的に調整したもの。処理方法は、濾過、沈殿、加熱殺菌または原水の場合、ミネラル成分の調整などの処理をしたもの。

上記のような分類は、ペットボトルについている“ラベルの品名欄”に記載されていることが多いので、購入する際に確認できます。早速、今度購入する際に忘れずにチェックしてみて下さい!

 

■赤ちゃんにはNGなミネラルウォーターとは

そして、水には“軟水”と“硬水”があります。これらは、水に含有されているカルシウムイオンやマグネシウムイオンの量により区別されています。

日本のほとんどの地域は軟水、ヨーロッパのほとんどの地域は硬水で、硬水は軟水に比べてミネラルを豊富に含んでいるので、美容に効果が期待できることから、女性にも人気の水となっています。

しかし、ミネラル豊富だからこそ、硬水は赤ちゃんにはNG。赤ちゃんは大人と違って、内臓の器官がまだ未熟なので、必要以上にミネラル成分を摂取してしまうと、胃腸や肝臓に負担をかけたり、下痢をおこしたりしてしまうことがあります。

また、料理に硬水を使うと味馴染みが悪くなってしまうので、避けたいところです。

 

いかがでしたか? 今回は手軽に買える水の種類についてご紹介いたしました。ペットボトルの水を買えば全て“ミネラルウォーター”と思いがちですが、今回の分類、また商品の成分表示を参考にすれば、賢く水分摂取ができます。ぜひ、表示を確認するようにしてみて下さいね。

ただ、ミネラルウォーターだけで十分なミネラルは補充できないので、食事でも調整するようにして下さい。

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ イメージ健康的だけど…実は不健康を招くリスクの高い食べ物3つ

ウトウト…午後の睡魔をまねく「実はランチに避けたい食べ物」3つ

※ 知っておきたい「ガンの発生を抑制してくれる」身近な食品4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 元ミスインターナショナルに学ぶ!食事制限なしのお手軽スムージーダイエット

母乳がお肌の救世主!? 医師が注目する驚きの美肌成分を試してみた

忙しい女性専用!「保湿と浸透」にこだわった究極の時短スキンケア

 

【姉妹サイト】

美肌&痩せる効果も!これからが旬「甘~いイチゴ」の見分け方

※ ホッと一息…に潜むワナ!「コーヒーに入れちゃダメなもの」4つ

 

【参考】

ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン – 農林水産省

 

【画像】

※ Dmitrijs Dmitrijevs / Shutterstock