今月もゼロ?「貯金がなぜか貯まらない夫婦」がやりがちなNG行動3つ

by 大山奏 |

お金, , ,

毎月毎月気をつけてお金を使っているつもりなのに、月末になってみると貯金できるお金がない!

「なんでなんで?」と不思議に思っている人もいるのではないでしょうか。お金は勝手に消えていくことはありません。お金が貯まらないことには、必ず理由があるはずです。

夫婦でお金が貯まらないということは、どこかで浪費しているはず! それがどの部分なのかを見直すために、FPの風呂内亜矢さんに“お金が貯められない夫婦のNG行動”を教えてもらいました。

 

■NG1:貯金額を決めていない

「人生において、子どもの居ない共働き夫婦の時期は一番経済的に豊かだといえます。そのため、強く意識をして“貯めよう!”と思わない限りは、“お金に困る”という感情を持ちづらい時期です。

2人の収入と必ずかかる支出を確認し、貯金の目標額を決めましょう。貯まったお金を貯金するのではなく、目標額を先に貯金用口座にいれ、残ったお金で生活することが大切です」

月末に貯金のことを考えるのが問題なのですね! お互いに給料日が来たら、決めた額のお金を貯蓄に回してから、その月の生活費を使い始めましょう。

 

■NG2:“ちょっといい買い物”をしてしまう

「食材はブランドスーパーで購入、カフェに行くならホテルのラウンジがいい、洋服は常に百貨店で購入するなど、1つ1つの贅沢がかさんでいる場合も多いです。

1つ1つは数百円や数千円の違いでも積み重ねると毎月何万円もの違いになることも。自分が絶対に譲れない贅沢をしたいポイントを決めて、その他の部分については低価格の選択を検討することも大切です」

絶対にこれでなければダメというポイントは実は限られていることが多いですよね。ほんの少し気をつけて、安く済ませてもいいと思えるところは節約するという小さな積み重ねが重要なようです。

 

■NG3:お金について会話しない

「相手の年収や貯蓄額、お金の使い方について尋ねたり話し合ったりしていない夫婦も多いです。仕事の忙しさなどでなんとなく収入を想像して“このくらいは貯めてくれているかな?”と想像している場合も。

その想像は全然当たっていないケースがほとんどです。

想像より少ないケースはもちろんですが、逆にものすごくたくさん貯めてくれているケースもあります。

後者は単純にラッキーとも言えなくて、自分が同じように家計に貢献できないことに罪悪感を抱くという感想を聞いたこともあります。

お金の話は定期的にできるようにするのが理想的です」

結婚したのに相手の年収を知らない、という夫婦も多いというのは驚きではありませんか? 結婚したのなら、財布も身体も心も一緒となるのが普通なのかと思っていました。

お金については夫婦でも話しにくいという現状があるのかもしれませんが、話さないとわからないこともたくさんあるのでしっかりと話す機会を設けましょう。

 

いかがでしょうか?

あなたはしっかりと自分や夫のお金の使い道を知っていますか?

貯金をするには目標を持つことも重要です。まずは旦那さんとお金の話をきっちりすることが貯金への第1歩になりそうですね!

(ライター 大山奏)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 紫外線対策が簡単すぎる!飲む美白ケアが凄い

※ そのノンシリコン、大丈夫!? 意外と知らない「シャンプー」の基礎知識

時短だけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

 

【関連記事】

※ ありえない!お金を貯めたいあなたが「まだ続けている」NG習慣3つ

もう爆発寸前かも!夫が内心ためこんでる「妻に対する大きな不満」3つ

※ 「離婚原因ワースト3」3位お金、2位不貞…それを超える1位はまさかの

 

【姉妹サイト】

※ オレって愛されてるなあ…夫が「妻の愛情を実感する」瞬間とは

※ 2個以上はヤバイ!20代でもなる現代病「スマホ老眼」診断テスト

 

【取材協力】

風呂内亜矢・・・1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP認定者、宅地建物取引主任者。2013年、ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などでお金に関する情報を精力的に発信している。『あさイチ』『めざましどようび』などに出演したほか、『日経マネーDIGITAL』『女子SPA!』でコラムも連載中。著書『貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』

 

【画像】

※ Andrey_Popov / Shutterstock