子ども1人が大学まで公立に通ったら?FPが教える子育て「貯金額」の目安

by 大山奏 |

お金, , ,

今は夫婦だけで生活をしているけれど、今後子どものことを考えると貯金をしておきたい……。でも実際にはどのくらい貯金ができればいいんだろう? と、わからなくて不安になっている人も多いのではないでしょうか。

夫婦共働きをしていても、しっかりと貯金の目標などを立てておかないとお金は貯まってくれません。ですがどれくらい貯めればいいのかの目安が欲しいところ。

そこで今回はFPである風呂内亜矢さんに、子ども一人を育てるためにどれくらいのお金が必要なのかを教えてもらいました。

 

■全部公立で大学卒業まで1人1,000万円が目安

風呂内さんによると、「子どもの教育費はずっと公立だった場合でも1人あたり1,000万円程度必要」だそう。ですがここで、「こんな金額用意できない!」と焦ることはなさそうです。

「実際には1,000万円を一気に使うのではなく、多くのご家庭で小学校や中学校までは生活費の中でやりくりをしています」だそう。

そうであれば安心ですよね。小学校や中学校が公立ならば、普通に生活しながら学費を払うことはできそうです。ですが、ここから先がちょっと大変です。

「高校生から大学生にかけては短期間でまとまった費用が必要になってきます。特に大学の入学費用が家計に与えるインパクトは大きく、不安を感じる親御さんは多いです。大学入学までに200万円を貯められると、国公立大学の4年間で必要な費用の概ね半分程度を補てんできます」

なるほど。やはり国公立の大学でもかなり家計に与える影響は大きいようです。

 

■具体的な貯めるべき金額

「具体的な貯め方としては、小学校から高校まで公立の場合に、生活費の中から教育費を捻出しながら大学入学までに1人あたり200万円を貯められたご家庭ならば、そこからの4年間を乗り切れる可能性が高いでしょう」

これはわかりやすい! これくらい具体的な数字があると貯金の目標もはっきりとしてきて、貯める方法もみつかりそうです。

ですが、ここで安心してはいけません。これはあくまでも最低ラインです。高校・大学から私立に入る場合や、国公立大学でも医学部などに入る場合などはさらにお金がかかります。そう考えると国公立大学に入って欲しいと願う親の気持ちがよくわかる気がします。

 

いかがでしょうか?

子どもを1人育てるのでもかなりのお金がかかることがよくわかります。しかし、子どもが好きな夫婦であれば2人~3人欲しいと思うかもしれません。

将来のことはどうなるのかわからないので、やはりこつこつと出来る限り多く貯金をしておくことが重要そうですね!

(ライター 大山奏)

 

【取材協力】

風呂内亜矢・・・1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP認定者、宅地建物取引主任者。2013年、ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などでお金に関する情報を精力的に発信している。『めざましどようび』『ぐるぐるナインティナイン』などに出演したほか、『日経マネーDIGITAL』『女子SPA!』でコラムも連載中。著書『貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』

 

【Specialコンテンツ(PR)】

すっぴん美人への近道!? 美容家イチオシの「自然派化粧品」

※ 旦那に幻滅されるかも…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強~い味方とは

 

【関連記事】

※ 自転車事故の損害金額は幾ら?FPが教える「自転車事故に備える保険」

えっ…あたしのせい?「夫が家事をしない!」が妻の責任かもしれない理由

※ どこまでがボーダーライン?離婚につながる「危険な夫婦喧嘩」3つ

 

【姉妹サイト】

※ もしかして…!「我が子がいじめの対象」になっているサインと対処法

※ ゲ…掃除機は逆効果なの!? 医師が教える正しい「家の花粉撃退法」

 

【画像】

※ Syda Productions / Shutterstock