夫婦のお金管理どうしてる?「別々のお財布」で生ずるお金の問題3つ

by 大山奏 |

お金, , ,

あなたの家では財布はどのような管理をしていますか? よく聞く話として、結婚をしたら妻が財布を握ると言います。これはどうしてなのでしょうか?

多くの夫婦が財布を一緒にして、妻に財布を預けているという現実を考えると、財布を一緒にした方がいい理由がありそうです。

そこで今回はFPの風呂内亜矢さんに、財布が別々だと起こり得る問題について教えてもらいました。

 

■1:目指す家族のあり方にずれが生じる

「家を買うか、子どもは何人欲しいか、教育方針、実家との付き合い方など、家庭生活では夫婦の考え方をそろえておいた方がいいことがたくさんあります。そして、それらの判断は家計の状態から影響を受けることも多いです。

まったく貯金が無い状態で家を買うことは心許ないですし、実家を経済的に支援したくてもその度合いは懐事情と相談する必要があります。独身時代に比べて、まとまったお金を必要とする判断が多いからこそ、相手のお金を把握できない状況は心配です」

たしかに、相手にどれくらいのお金があるのかどうかがわからない状況というのは不安ですし、夫婦としてもなんとなくお互いに秘密を持っているみたいでいい気分はしませんよね。

 

■2:無駄なものにお金を払っている

「例えばお互いの貯蓄額を合わせれば有事の際に備えられそうな蓄えがあった場合、昔加入した保険契約などが過剰になってしまっているケースもあります。

ネットショッピングの有料アカウントなども家族であれば共有で使える場合もあります。それぞれに費用を払っていたとしたら、もったいないですね。

お互いの貯蓄額やお金の使い方をわかっていたら、節約できる費用を見つけられることもあります」

なるほど。お互いに相手のお金の使い道を知らないと、必要のないお金がかかる可能性があるのですね。これはもったいないことです。

 

■3:不平等感を感じやすい

「“自分はこれだけ節約しているのに、相手は自由に使っている”。こうした気持ちを抱えてしまうのも、相手が何にどのくらいお金を使っているのか見えないからというケースも多いです。

1つ1つの消費すべてをチェックするのは大変ですが、ざっくりと“このぐらいのお金は使っても仕方ないのかな”と感じられる程度の内訳が確認できれば嫌な気持ちを抱えなくて済みます」

確かに相手が無駄遣いをしているのではないかと不信感を感じてしまうと、夫婦の気持ちの問題にも隔たりができてしまいそうです。
財布を別にするとやはり色々な問題がありそうですね。ですが、風呂内さんによれば、これは財布が一緒かどうかの問題ではないそうなのです。

「実は、いずれも夫婦別財布だから起こる問題ではなく、お小遣制にしたとしても同様の問題を抱えることがあります。家計のお財布スタイルはどれを選んでも夫婦で“情報を共有する”ということが大切です。四半期に1度や年に1度など、夫婦でお金の使い方や管理の仕方を相談できる機会を持てると安心です」

ということ。財布は妻が握らなければいけないというわけではなさそうですが、どんな管理方法を取るにしても、夫婦でお互いのお金事情についてや使い方についてはしっかりと明らかにしておくことが大切そうですね。

 

いかがでしょうか?

今夫婦のお金の管理方法を変えたいと思っている方もいるのではないでしょうか。夫の財布を握る必要はなくても、相手のお金の使い道やこれからどれくらいのお金を貯めて、どうやって使っていくのかなどは話し合ってみてくださいね!

(ライター 大山奏)

 

【Specialコンテンツ(PR)

お金も時間もかからない!究極シンプルで美肌を叶えるたった一つの方法

※ 元ミスインターナショナルに学ぶ!食事制限なしのお手軽スムージーダイエット

※ 杉本彩の美肌の秘訣!「毛穴の黒ずみが消える」と話題のすごいクレンジング

 

【関連記事】

※ 財布を見れば認知症かが分かる!? 脳の衰えを加速させる「お金との関係」3つ

ほっとくと離婚の引き金に!夫婦がお互いの愛情が冷めたと感じる瞬間とは

フゥ「夫の愛情が冷めた」と感じるサイン…2位ありがとうがない、1位は

 

【姉妹サイト】

※ 放置NG!夫がアナタとの「結婚を後悔している」危険なサイン4つ

※ 汚部屋は太るとの研究発表!片付けで痩せた勝間和代の「断捨離テク」

 

【取材協力】

風呂内亜矢・・・1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP認定者、宅地建物取引主任者。2013年、ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などでお金に関する情報を精力的に発信している。『あさイチ』『めざましどようび』などに出演したほか、『日経マネーDIGITAL』『女子SPA!』でコラムも連載中。著書『貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法』

 

【画像】

※ Photographee.eu / Shutterstock