ラブラブ夫婦であり続けるために「夫と妻が相手にすべき事」2つ

by 大山奏 |

人間関係, , ,

結婚したからには、夫婦円満でずっと仲良くお墓の中まで一緒に連れ添いたいですよね?

ですが、夫婦といえども相手は人間。相手の気持ちをしっかりとつなぎとめておかなければ、夫婦円満を維持することは難しいのです。

今回、恋愛セラピストのルーク平野さんにお話を伺ったところ、夫婦は男女の性差が理由で、相手に求めているものが違うようなのです。

では、夫婦円満でいるために、お互いにすべきこととはどんなことなのでしょうか? 早速、ご紹介します。

 

■夫がすべき事:毎日20分話を奥さんの話を聞く

「夫婦の仲を強固にするためにお勧めなのは、旦那さんは奥さんの話を聞く時間を毎日20分作ることです。

奥さんの一番の不満は“話を聞いてくれないこと”です。それだけ、奥さんにとって旦那さんに話を聞いてもらうことは大切で嬉しいことなのです。

旦那さんにとって、仕事が終わった後に奥さんの話を聞くことは大変なこともあるかもしれませんが、できれば20分、奥さんの話を聞く時間をとってあげると奥さんは大切にされたと感じます」

確かに、女性は話をすることでストレスを発散できる人が多いですよね。特にこれといって悩み事があるというわけではなくても、話を聞いてもらえるだけでスッキリとすることはたくさんあります。

旦那さんが毎日20分話を聞いてくれたら、嬉しいというのはすごく納得できます。

 

■妻がすべき事:旦那さんを毎日3回褒める

「逆に、奥さんがすべきなのは旦那さんを毎日3回褒めることです。

旦那さんの一番の不満は“褒められないこと”です。旦那さんにとって奥さんから褒められることは何より嬉しいことです。

旦那さんを毎日3回褒めることをやるだけで、旦那さんは嬉しく感じ、奥さんのことをもっと大切にしたいと思います。

男性と女性は求めることが違っています。だからこそ、お互い何を求めているのか話し合って、それぞれが喜ぶことをやると夫婦の仲が強固になってきます」

ほうほう。自分は話を聞いてほしいから、相手もそうだろうと思うのは勘違いのようですね。男性は仕事の愚痴を話すよりも奥さんから褒められることで満足感を得るようです。

毎日褒めるのは難しいかもしれませんが、小さなことでも見逃さないで褒めてあげれば、仕事も頑張ってくれるかもしれませんよ。

 

いかがでしょうか?

やはり色々なところに男女差が現れるというのがよくわかるお話でした。

相手が望んでいることをしてあげるというのが“思いやり”です。それを持っている限り夫婦円満でいられそうですね!

(ライター 大山奏)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 料理に混ぜるだけ!フリーアナウンサー高橋真麻さん愛用の美のパウダー

※ 結局何が良いの!? 驚くほどの栄養たっぷりミドリムシ

 

【関連記事】

※ 「愛妻家は妻をこう呼ぶ」3位ニックネームを超える圧倒的1位は?

うわっやってる…!夫が離婚したいと考え始めるキッカケ「3ナイ生活」とは

※ ヤバ…毎日言ってる!口にするほど「夫婦仲が壊れる」呪いのフレーズ3つ

 

【姉妹サイト】

※ オレって愛されてるなあ…夫が「妻の愛情を実感する」瞬間とは

※ 2個以上はヤバイ!20代でもなる現代病「スマホ老眼」診断テスト

 

【取材協力】

※ ルーク平野・・・恋愛セラピスト。2007年から恋愛に関するワークショップをスタートし、全国で好評を得ている。今まで5,000名以上の恋愛パートナーシップの相談を実施。多くの人を幸せな恋愛や結婚へと導いている。『ルーク平野公式サイト』『幸せな恋愛パートナーに大切なこと

 

【画像】

※ irbis pictures / Shutterstock