かゆ~い!「アトピー性皮膚炎」をどんどん悪化させてしまう入浴習慣5つ

by 大宮 つる |

健康・病気, , ,

3人に1人が肌や目・鼻などに何らかのアレルギー症状を抱えていると言われている昨今。みなさんも花粉症や肌の痒みなどの症状に悩まされていませんか?

こういった症状が出るのは体質、遺伝、環境などが原因だから……と思いがちですが、日頃の習慣がより症状を悪化させていることもあるんです。

今回はアトピー性皮膚炎に着目し、女性のための医学事典『ウィメンズ・メディカ』を参考にしながら、症状を悪化させかねない入浴の習慣を5つご紹介します。

 

■NG1:香料入り、薬用石けんを使っている

“香りがいいから”“薬用のほうが肌に良さそうだから”などといった理由で、香料入りor薬用の石けんやボディーソープを使っていないでしょうか?

余分な薬剤がアレルゲンになることもあるそうで、かえって肌を刺激してしまうことも。スキンケア用品を選ぶ際は、皮膚科の先生に相談すると安心です。

 

■NG2:タオル・スポンジでゴシゴシ体をこすっている

体を洗う際に、タオルやスポンジなどでゴシゴシ強くこすっている方は少なくないですよね。

ですが、このゴシゴシ洗いはお肌の角質層を痛めてしまい、バリア機能を弱めてしまうので要注意。体を洗う際は、手の平で泡を立てて優しくなでるように洗いましょう!

 

■NG3:すすぎが足りない

首筋、髪の生えぎわ、腕・足の関節のくびれなどに痒みが出ている方は、ひょっとすると、シャンプーやリンス、石けんなどのすすぎが足りていないかも。

思春期・成人期には、上半身にアトピー症状が強く出るのが特徴とのことですが、こういった部位に石けん成分が残っていると、それが刺激となり、痒みの原因となっている場合も。

成分を残さないように、よくすすぐようにしてくださいね。

 

■NG4:熱いお風呂につかっている

熱いお風呂好きの方もいらっしゃるかもしれませんが、お肌のことを考えると、ぬるめの温度が無難です。というのも、体が温まると痒みが増してしまうため。38~40度くらいを目安にしましょう。

また、熱いお湯だと、お風呂から出た後に汗も出てしまいます。その汗が痒みの原因にもなるそうです。そういった意味でも、ぬるめのお湯がいいといえるでしょう。

 

■NG5:入浴後にすぐに保湿をしない

痒みを悪化させる要因の一つである、肌の乾燥。お風呂から出たあとビールを飲む、スマホを見る……など悠長にしていると、肌から水分がどんどん蒸発していってしまいますよ!

お風呂から出てタオルドライをしたら、すぐに保湿性のあるスキンケアクリームなどを塗るようにしてくださいね。

 

以上、アトピー性皮膚炎を悪化させてしまうNG入浴習慣をご紹介しましたが、いかがでしたか?

こういった習慣は、幼少期からほとんど無意識のうちにやっていることが多いかと思いますので、意識してやらないようにしましょう! ご参考にしてみてくださいね。

(ライター 大宮つる)

 

【関連記事】

※ お風呂上がりダラダラ起きてない?ついやりがちなNG入浴習慣3つ

治らない原因はソレ!? 「大人アトピー患者」9割が抱えている問題とは

ホクロがガン化する…!? 「危ないホクロ」の見分け方のポイント4つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ 部屋干しが辛い!プロが語る主婦のお悩み「洗濯物の生乾き臭」の意外な原因

※ 7割がダイエットで貧乳に…!? 夫も思わずときめく「メリハリボディ」を叶える秘訣

 

【姉妹サイト】

※ 離婚がよぎる…?夫が思わずゲンナリする「夫婦間ストレス」4つ

※ 美肌&痩せる効果も!これからが旬「甘~いイチゴ」の見分け方

 

【参考】

平成15年保健福祉動向調査の概況 – 厚生労働省

井口登美子(2003)『ウィメンズ・メディカ 女性の〈からだと心〉安心医学』(小学館)

 

【画像】

※ LarsZ / Shutterstock