離婚カウンセラーが教える「夫婦円満を長続きさせる」秘訣3つ

by 高瀬真澄 |

人間関係, , ,

お互いに年齢を重ねても、変わらず仲の良い夫婦には憧れますよね。新婚当初は楽しかったのに、長い結婚生活の中で、気持ちがすれ違ってしまうこともあるでしょう。時には「こんなはずじゃなかったのに!」なんて思うこともあるかもしれません。

しかし、せっかく縁があって結婚したのですから、いつまでも夫婦円満でいたいですよね。そのためには、どうしたらよいのでしょうか?

そこで今回は、たくさんの夫婦を見てきた、夫婦問題・離婚カウンセラーの岡本直美さんに“夫婦円満を長続きさせる秘訣”をお聞きしました。

 

■1:“当たり前”にならないこと

恋人時代には一緒に居るだけで楽しかったのに、 結婚したら一緒に居るのは“当たり前”になりますよね。夫だから・妻だから“~するのは当たり前”“~して貰えるのは当たり前”ではなく、やはり折に触れて感謝の気持ちを表すことが大事だそうです。

もし、夫から“感謝されていない”と感じているのなら、まずは自分から夫へ感謝の気持ちを伝えてみましょう。例えば、お給料が振り込まれたら「ありがとう」「お仕事お疲れ様」と言ってみるのもいいですね。人は、感謝してくれる人を大切に思うそうですよ。

夫から「いつも美味しい料理をありがとう」とか、 ちょっとした一言を言われると嬉しいですよね。そこでまた頑張ろうと思えたり、結婚して良かったと思えたりするものです。

 

■2:相手を疑い過ぎないこと

相手の言葉は素直に受けとることが大切だと岡本さんはいいます。 例えば、夫から「今日は仕事で遅くなる」と連絡が来た時、「仕事って言ってるけど本当は遊んでいるのかも知れない……」なんて考えていませんか?

そして「もしかしたらそこに女性が来るのかも知れない」「 ひょっとして浮気してるのでは……」と、 妄想して疑い出したらキリがありません。

遅く帰るといつも「仕事って言って本当は何してたの?」なんて聞かれたら、夫は家に帰るのが嫌になってしまいます。まずは、温かく迎えることが大切ですね。

 

■3:お互いが心地よい距離感を保つこと

“何処へ行くのも、何をするのもいつも一緒”なんて夫婦もいますよね。これでは長い結婚生活、息が詰まってしまいます。夫婦同伴ではなく、一人で行きたい場所や一人で過ごしたい時間もあるはずです。

逆に、一緒にいたい時もあるでしょう。お互いに一緒に行きたい所、一人で行きたい所を、その時々で話し合って、お互いが心地よい距離感を見つけて、それを保つことが大事なんだそうです。

 

以上、“夫婦円満を長続きさせる秘訣”を3つお伝えしましたが、いかがでしたか? 夫婦円満の基本は信頼関係ですね。まずはお互い、相手を信じること、そして、その信頼を裏切るようなことをしないということが大前提だそうです。

まずは、感謝の気持ちを伝えることから始めてみましょう。

(ライター 高瀬真澄)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

夫婦円満の秘訣は「我が子」!夫婦で子どもの成長を実感するたった一つのコツ

※ 忙しくてもすっぴん美人!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

※ メイク直しが激減!ありそうでなかった「顔専用」の制汗ジェル

 

【関連記事】

※ 喧嘩してても夫婦円満?「夫の変わらぬ愛」を見抜くサイン3つ

※ 愛され妻のヒミツ技!ラブラブ夫婦の妻がやっている「夫婦円満の秘訣」2つ

※ ヤバ…今朝も言ってた!夫を「深〜く傷つける」NG褒め言葉3つ

 

【姉妹サイト】

※ 離婚がよぎる…?夫が思わずゲンナリする「夫婦間ストレス」4つ

※ 梨花も使ってる技!? 有名メイク・濱田マサルが教える「-5歳テク」4つ

 

【取材協力】

※ 岡本直美・・・社団法人日本離婚カウンセリング協会認定 離婚カウンセラー、メンタルケア学術協会認定、メンタルケア心理士R、JADPチャイルドカウンセラー。

夫婦問題・離婚カウンセラーとして東京銀座カウンセリング「愛win」にて、夫婦の修復、離婚相談は勿論、結婚に関わる様々な問題(婚前カウンセリング・子育て、ママ友問題・嫁姑問題等)の相談を受けつけている。「泣いても1日 笑っても1日」悩み事は誰かに話す事で自分から離していきましよう。ブログにて活動更新中。

 

【画像】

※ Maridav / Shutterstock