ダイエット中に食べたい「天ぷら」の具材、2位たまねぎ1位は?

by 望月理恵子 |

美容, ,

ダイエット中なのに揚げ物が食べたくなることってありますよね。けれどもやはり気になるのがカロリーです。しかも食材だけでなく、揚げ方で大きくカロリーが変わってくるのが天ぷらです。

今回は管理栄養士の筆者が『WooRis』の20代~50代の女性500名に伺った「ダイエット中に天ぷらを食べるとしたら、積極的に食べようと思う具材は何?」というアンケートをもとに、ベスト3に選ばれた具材について、ダイエットに効果的な食べ方をご紹介いたします。

 

■3位:たらの芽

1個が約15kcalとヘルシーで、今が旬のたらの芽。独特の苦味があり、アク抜きを十分してから調理する人も多くいますが、それはもったいないのです!

というのも、この苦味は糖の吸収を抑える“エラトサイド”という成分。水に長くつけたり、購入してから数日経過して鮮度が悪いものだったりすると、この成分が減少してしまうのです。

天ぷらの際はアク抜きしなくても苦味がまろやかになるので、鮮度のよいものをそのまま調理するといいですね。

 

■2位:たまねぎ

玉ねぎの天ぷらは1個約30kcal。天ぷらにするときは茶色くなった皮の部分を全て取ってしまうのが一般的ですよね?

しかし皮の部分には、ポリフェノールの1種で脂肪吸収を抑える“ケルセチン”が豊富に含まれています。

ダイエットを望んでいる人ならば、表面の皮は取り、多少茶色い部分は残して調理するのがオススメです!

 

■1位:えび

堂々の1位は、多くの人が大好きな、1尾で約50kcalのえび天。魚介類は揚げる際の給油率が8%と低く、比較的ボリュームがある割にはローカロリーなので、ダイエットにもオススメです。

ただ、衣次第でカロリーが大きく変化します。サクサクを好んで衣をたっぷりつけるとハイカロリーになりますので、要注意です!

 

いかがでしたか? 今回は、ダイエット中に積極的に食べたい天ぷらの具材についてご紹介いたしました。

春はタケノコ、ふきのとう、春菊など天ぷらにしてもヘルシーな食材がたくさん。特に苦味野菜は体の老廃物を排泄する働きがあるものが多くあります。

旬の食材を食べて、ぜひ体の中からキレイになってくださいね!

(ライター 望月理恵子)

 

【Specialコンテンツ(PR)

我が子の成長を実感…!「いつでも子どもを見守りたい」ママの強~い味方とは

キレイなママさんはみんな使ってる! 美容家も唸る「自然派化粧品」が凄い

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

 

【関連記事】

※ 痛っ~!「口内炎」がますます悪化してしまう食品3種

不名誉なギネス認定に待った!「世界一栄養がない野菜」の真実は…

ポイントは水分摂取とふくらはぎの運動!やり方間違いがちな「むくみ脚予防法」

 

【姉妹サイト】

※ げっ…常温でもアウトなの?代謝がアップする「正しい水の摂り方」3つ

※ 小島瑠璃子も0.6度UP!たった小さじ1杯で体温が上がる食べ物とは

 

【画像】

※ sasaken / Shutterstock