みんな何日で完治してるの?辛~い「ギックリ腰」を防ぐ生活習慣6つ

by 並木まき |

健康・病気, , ,

みなさん、“ギックリ腰”になったことはありますか?

アラサーを超えると、ふとした動作をキッカケとして文字どおり“ギクーッ!”と腰に痛みが走るシーンも増えますよね。

そして、「ギックリ腰くらい自分で治せるわ……!」と病院にも行かずに放置して長期間痛みと戦っているひともいるのではないでしょうか?

でも実際のところ、ギックリ腰ってみんなどのくらいの期間で治しているものなのでしょうか? 株式会社健生が100名に実施したリサーチによって、“ギックリ腰が治るまでの期間”が明らかになりました。

さっそく、ギックリ腰が治るまでの期間の実態と、予防する6つのコツをお伝えします。

 

■半数は1週間以上苦しむ!?

同調査で、ギックリ腰経験のある100名に完治までにかかった時間を尋ねてみると、次のような結果になったそう。

1位・・・1週間以内(41%)

2位・・・半月以内(23%)

3位・・・3日以内(20%)

およそ半数のひとは1週間以内に治っているものの、2週間程度を要するひとも多いようですね。「自分で治せるわ!」と診察を受けないひとほど、治るまで長い時間を要するかもしれません。

ともあれ、一度ギックリ腰になってしまうと、数時間では治らず何日間かは要する実態が読み取れますよね。家事にも仕事にも、少なからず影響を与えるのは間違いなさそうです。

だからこそ、できることならギックリ腰になるのを避けたいひとも多いのでは?

 

■ギックリ腰を予防するコツ6つ

『WooRis』の過去記事「30代で発症急増!“ぎっくり腰になりやすい人”の危険な兆候3つ」では、ハイヒールを習慣にしていたり、キツめの洋服を好むひとはギックリ腰になりやすい傾向をお伝えしています。

また、立っているのがツラく感じるのはギックリ腰の兆候であることも! さらに、腰が冷えていて手を当てると温かさを気持ち良く感じるときも、危険シグナルなんです。

ということは、ギックリ腰を予防したいひとは、次のような点に気をつけるとよさそうです。

(1) ゆとりのある服やローヒールを着用する

(2) 立っているのが辛いときには長時間ムリして立たずカラダを休ませる

(3) 腰を冷やさないように意識し、腹巻を使ったりバスタブに浸かって温める

また、同記事では次のような意識も予防策になるとご紹介しています。

(4)1時間に1度は必ず席を立つ

(5)パソコン使用時は30分おきにストレッチする

(6)荷物を持つときには膝を曲げて屈む

お伝えしたような6つのポイントを意識することで、ギックリ腰をできるだけ避ける生活を意識するとよさそうです。

 

いかがですか?

ギクっと痛みが走ったときには、後の祭りです。ぜひ日頃から、ギックリ腰にならないカラダづくりを意識してみてくださいね。

(ライター 並木まき)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 「最近ストレスで肌荒れが…」そんなママが使うべき話題の自然派化粧品

※ 周りの生活習慣も影響…?アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 「健康生活」のつよい味方!料理に混ぜるだけのお手軽パウダーが凄い

 

【関連記事】

※ 痛っ~!「口内炎」がますます悪化してしまう食品3種

※ グキっときたら!理学療法士に聞く「ぎっくり腰」回復までの3ステップ

※ 育児ママ必見!「ぎっくり腰」になっちゃう子育て中のNG動作5つ

 

【姉妹サイト】

※ ハワイのセラピストが伝授!仕事中に「肩コリ&目の疲れ」を癒やすコツ

※ 1日たった30秒!バレリーナ直伝「夢の痩せ体質を作る」肩甲骨エクサ

 

【参考】

ぎっくり腰が治るまでの期間についてのアンケート結果 – 健生