ゲッ…毎日言ってた!「夫の出世がドンドン遠のく」妻の性格が判明

by 坂本正敬 |

人間関係, , ,

1990年代の後半に専業主婦世帯と共働き世帯の数が逆転してから、今では共働き世帯の方が多くなりました。

それでも厚生労働省の「平成25年版働く女性の実情」を見ると、非正規の立場で働いている女性が約半数を占めると分かります。まだまだ家計の中心は男性、夫が負っていると考えられますよね。

少しでも家計を楽にするために、夫には出世して昇給してもらいたい……というのが妻の本音では? しかし夫の出世には、なんと“妻の普段の夫への振る舞い”が大きく影響を与えることが分かったのです!

そこで今回は米ワシントン大学セントルイス校の調査結果を参考に、夫の出世や昇給を遅らせてしまうかもしれない、妻の家庭内でのNG言動を紹介したいと思います。

 

■夫の出世と昇給のために必要な妻の言動

夫婦で長く生活をしていると、ご主人に対していろいろと不満がたまってきますよね?

例えばパートやアルバイトで自分も働いているのに、子育てまで全て任せられれば、いよいよ「自分のことくらい自分でやって!」「もっといろいろ手伝って」と言いたくなります。

しかし、米ワシントン大学セントルイス校の研究によれば、夫の出世と昇給のためには、妻が自ら勤勉に家事や育児をこなし、できる限り夫が仕事に専念できる環境作りを優先した方がいいと分かったのです。

「ええ! これ以上、頑張れって言うの?」と、既に頑張っている方からすれば目玉が飛び出てしまいそうな話ですが、同研究の調査内容を見ていきましょう。

 

■調査内容とその理由とは?

同大学の研究チームは、19歳から89歳の既婚者かつ75%程度が共働きの5,000人近くのデータを活用して、まず被験者の人間性を調べました。

加えて被験者の人間性がパートナーの仕事にどのような影響を与えているのか、各パートナーの仕事の満足度、昇給、昇進の見込みなどを別のデータを使って調べました。

その結果、仕事で成功を収めている人ほど“物事を誠実にきっちりとやり通す、良心的なサポート役の配偶者”と暮らしていると分かりました。

その理由としては、

(1)パートナーのサポートで夫が仕事に専念しやすくなる

(2)パートナーの勤勉さを仕事で見習える

などが考えられるとか。

逆から見れば何でも夫にやらせて、自分の家事や育児の役割まですきを見て代わってもらおうとばかり考えている人は要注意。

夫の負担や家庭内の仕事が増え、その分だけ本業や自己啓発に割ける時間も減ります。結果として出世や昇進に悪影響が出てしまいかねないのですね……。

 

以上、夫の出世や昇給に影響を与える妻の人物像についてお伝えしましたが、いかがでしたか? もちろん家庭内で女性が主な収入源になっている場合は話は逆。夫に勤勉にサポートをしてもらうなど、各家庭で最善の形を探してみてください。

(ライター 坂本正敬)

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 旦那に幻滅されるかも…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

外出中も安心!「留守中に子どもを見守る」ママの強~い味方とは

※ 結局何が良いの!? 驚くほどの栄養たっぷりミドリムシ

 

【関連記事】

※ えっ…まさかの週2回!? 夫が「本気で愛している妻」にはやってる行為3つ

変わらない旦那にイライラMAX…!「夫婦生活がダメになる」絶対避けたいこと3つ

夫婦生活が劇的に変わる!? 妻が知っておきたい男心5個

 

【姉妹サイト】

※ お宅は…?「超多忙でも倦怠期知らず」の夫婦が絶対やらないこと3つ

※ 冷めてきた夫婦の特効薬!夫婦円満になれるたった1つの言葉とは

 

【参考】

Spouse’s personality influences career success, study finds – Washington University in St. Louis

平成25年版働く女性の実情 – 厚生労働省

 

【画像】

※ Minerva Studio / Shutterstock