ギャー!「夫婦の夜の営み」が高確率で子どもに見られていると判明

by 大宮 つる |

子育て, , ,

子どもたちが寝静まってから、ひさびさに夫婦の夜の営み。没頭していて気づかなかったけど、子どもがトイレに起きたようで、“ガタン”という物音……!

「ギャー、こ、子どもに見られた……!?」という経験はありますか?

この度『WooRis』ではリアルな実態を調査すべく、既婚女性500名の方にアンケートを実施しました。一体、何%の方が子どもに夫婦の夜の営みを見られているのでしょうか?

 

■10%の夫婦が“夫婦の夜の営み”を見られた経験がある

子どもがいる370名の方に、「子どもに夫婦の営みを見られたことはありますか?」と質問したところ、9.7%(36名)が「ある」と回答。なんと、約10%の夫婦が見られた経験があることが判明しました!

この結果を見て、「な~んだ、90%は見られたことがないのね」と思ってしまうところですが、2組に1組がセックスレスに陥っているといわれている昨今。実際に、今回の調査でも「現在セックスレスですか?」と尋ねたら、52.4%が「はい」となり、それを裏付ける形となっています。

そうなると、セックスレスではない人に絞ると、見られた確率も2倍に跳ねあがる訳です。この現状をふまえると、10%の夫婦が子どもに見られているという数字は、むしろ高いといえるかも……!?

 

■半数以上が“子どもが未就学児”のときに見られている!?

次に、「(夫婦の営みを見られたことが)ある」と回答した方の現在のお子さんの年齢を見てみましょう。

1位:未就学児・・・18名

同率2位:小学校低学年~高学年・・・5名

同率2位:社会人・・・5名

同率4位:中学生・・・4名

同率4位:高校生・大学生・・・4名

これは、“夫婦の営み”を子どもに見られたときの年齢ではありませんが、少なくとも、半数以上が“子どもが未就学児”のときに見られていると示唆する結果に……。

「子どもがまだ小さいから」と何も対策をしないのは危険です。ご用心ください。

 

■子どもに見られないための5つの対策

子どもが小さい場合、同室で寝ている方も少なくないでしょう。ですが、同室で寝ていれば、必然と見られるリスクが高まってしまうもの。

何も対策をしないのは子どもの教育上問題が大きいため、今回のアンケート結果や『WooRis』の過去記事「ギャー!子どもに“夫婦の夜の営み”を見られないための回避法2つ」をもとに、親としてできる対策を5つご紹介します。

(1)早期から寝室を別々にする

(2)寝室に鍵をかける

(3)未就学児の場合、子どもが寝てから部屋を変える

(4)未就学児以上の場合、子どもが熟睡しているときか、学校などいない時間帯に

(5)夫婦の寝室に勝手に入らないようにしつける

「ギャー、子どもに見られた!」ということを回避するためにも、上記の対策を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

以上、“夫婦の営み”のリアルな実態をご紹介しましたが、いかがでしたか?

アンケートの声を見てみると、「なにも対策をしていない」という方が少なからずいらっしゃいました。

子どもの年齢や性格によっては、大きくショックを受けて、親のことを不潔視してしまう子もいますので、何らかの配慮は必要といえるでしょう。ご参考にしてみてください。

(ライター 大宮つる)

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 旦那の愛も冷める…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 旦那の胃袋を掴む!料理に混ぜるだけでいい美のパウダー

※ 愛され妻の秘訣は「すっぴん」!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

 

【関連記事】

愛妻家vs非愛妻家…「夜の営み回数」と妻への愛情との関係を検証

夫婦の半分が悩む「セックスレスを招くストレス」2位仕事を上回った1位は…

セックスレス注意報!愛され妻の「夫の呼び方」1位名前、危険な3位はやっぱり…

 

【姉妹サイト】

※ 結婚してよかった!と夫が実感する「働き妻の内助の功」4選

※ 1日たった30秒!バレリーナ直伝「夢の痩せ体質を作る」肩甲骨エクサ