実は薬品漬け!? 市販の「カット野菜」では栄養がとれない

by 中田綾美 |

健康・病気,

健康に対する意識の高い人なら、食生活に野菜をとりいれることを心がけていますよね。

たとえば、「今日は忙しいから、ランチはスーパーかコンビニのお弁当。でも、それだと栄養が偏りそうだから、カット野菜をプラス。これで栄養バランスはOK!」なんてことをやっていませんか? 残念! その組み合わせでは栄養バランスは偏ったままです。

実は、野菜不足を補うために、市販のカット野菜を頼ることは、自己満足に過ぎないことが、フードプロデューサー南清貴さんの著書『じつは体に悪い19の食習慣』で伝えられています。

 

■市販のカット野菜は薬品漬けにされた不自然なもの

店頭で見かけるプラスチック容器などに入ったカット野菜。実はみずみずしく見えるのは、工場で薬品漬けにされた結果で、栄養素などほとんど残っていないということをご存知でしょうか?

カット野菜が店頭に並ぶまでの経緯について、『じつは体に悪い19の食習慣』では以下のように述べられています。

<カット野菜は、野菜を切った後、次亜塩素酸ナトリウムという消毒液やプールの消毒に使う塩素水に何度も繰り返し漬けて殺菌します。においを嗅いだだけで、食べたら危ないとわかるはずですが、そのにおいを消すために、何度も水で洗浄します。

野菜に含まれている栄養素は水溶性のものが多いですから、殺菌剤液に漬けたり洗浄したりする間に流れ出てしまい、ほとんど何も残っていません。あえて言えば食物繊維くらいでしょうか。>

カット野菜が薬品漬けと聞いても、にわかに信じられない(信じたくない)人は、ぜひ以下のような実験をしてみてください。

自宅で野菜をカットして、プラスチック容器に入れて放置しておくのです。しばらく経つと、色は変わりしんなりして、夏場なら変なにおいがしてきます。

これが野菜の自然な姿です。工場で作られて、お店まで運ばれ、さらに売り場で何時間か経ったにもかかわらず、カット野菜がみずみずしいままでいられるのは、やはり不自然だと見ていいのではないでしょうか。

市販のカット野菜は、見た目の鮮度を保つために薬品漬けにされたもの。その薬品を落とすために水で何度も洗浄された結果、栄養素などほとんど残っていないことをぜひ頭に置いておきましょう。

 

■カット野菜は百害あって一利なし?

カット野菜は、単に栄養価が低いだけではありません。薬品漬け後、いくら水で洗浄したといっても、野菜の切断面から中にしみ込んだものまでは洗い落とせていないおそれがあるのです。消毒液の次亜塩素酸ナトリウムは、胃酸と反応すると塩素ガスが発生し、発がん性物質になるともいわれています。

また、洗浄を繰り返した野菜は栄養素もなくなり、味も薄くなってしまいます。それをごまかすために、カット野菜にドレッシングが付いていることもありますが、これがまたクセモノ。

ドレッシングには、保存料や化学調味料などの添加物が大量に使われています。添加物そのものは、単体なら安全だといわれていますが、複数の添加物が反応すると人体にどのような影響をもたらすのかは定かではないのです。

 

以上、カット野菜のリスクをお届けしましたがいかがでしたか? 栄養バランスを考えるなら、カット野菜に頼るのではなく、自分で調理して生野菜と温野菜をとりいれるのが賢明だといえるでしょう。

 

【関連記事】

あの健康神話は嘘!肥満につながる食生活の誤解2個

お酒に引火してヤケド!? お酒の思わぬ事故に注意

カップ麺好きに注意警報!成分表示のNG見方で危険なアレ

学校給食で死亡事故も…「食物アレルギー」事故の防止策4つ

食中毒の盲点発覚!一晩寝かせたカレーライスは危険

 

【参考】

南清貴(2010)『じつは体に悪い19の食習慣』(ワニブックス)